大警告、再臨に向けての、永遠の御父、主イエズス・キリスト、聖母マリアのメッセージ

Information

Information

yjimage.jpg

ロザリオの十字軍参加は
J.M.J.コミュニティー 大警告に向けて参照
http://imma.jp/


アーカイブ(archive)
(2015年11月3日~2017年3月31日)



image001.png

2017年9月1日

September
1日ー聖三位一体
3日間の祈り―1日~3日、15日~17日
9月7日月の祈り
96 - 3, 4, 8, 16, 43, 55, 60, 88, 131- 6, 18, 20, 42, 54, 71, 83 - 96.
9月14日―十字架賞賛
9月29日―大天使聖ミカエル



2017年8月22日

September
1日ー聖三位一体
3日間の祈り―1日~3日、15日~17日
9月7日月の祈り
96 - 3, 4, 8, 16, 43, 55, 60, 88, 131- 6, 18, 20, 42, 54, 71, 83 - 96.
9月14日―十字架賞賛
9月29日―大天使聖ミカエル



2017年9月1日

□気楽に、気楽に!
http://imma.jp/

私の誕生日は非常に特別な祝日です

2011年8月4日   木曜日 20:30
 

明日は、わが子よ、私、あなたたちの最愛の母にとって非常に特別な祝日です、私の誕生日だからです。

人間の罪のためにわが最愛の聖子(こ)がこうむっている虐待ゆえに、わが心は悲しみに苛(さいな)まれています。わが忠実なる子供たちが霊魂を救うためにできることをすべて行うのを見て私は微笑みます、でも、この世の苦しみを見ることに耐えられずに私は涙を流します。



近い将来の私たちでもあります―一通のメール
http://imma.jp/



□8月の祈りはInformationへ.



 

十字軍の祈りの推敲
十字軍の祈りの推敲も始めます。祈り文は誤字脱字だけでなく、文語体であること、また声を出して祈る時の句読点の位置、なるべく祈りやすくするなどの確認をしながら推敲するため時間がかかります。その都度推敲を終えた祈りの番号をお知らせしますので、コピーしたものを訂正するなり、印刷しなおすなりしてください。以前「祈り集」のコピーを所望された方々には、お約束した通り、すべての推敲を完了した時点で、最終版の「祈り集」のコピーを送ります。(郵送費のみかかります)

消えたメッセージ
2巻と4巻の推敲を二度づつ終え、今、5巻目の二度目の推敲をしているところです。その過程で、消えたメッセージが明確になりました。一巻の翻譯はしばらく休み、それらの消えたメッセージを先にアップしていきます。


2017年8月1日

8月救霊の月
以下の祈りを、関心のあるもの、また可能なものをお祈りください。
・救霊のため、また私たちが祈り、神への信頼と従順において強められるよう毎日「御憐みのチャプレット」を祈る。
・闇の中にある人々のためにロザリオを祈る。
・いつものように十字軍の祈りを祈る、ただ今月は毎日連祷4番5番を祈る。

1日―三位一体
2日―ポルチウンクラの免償
2日―4日 聖母の御誕生日への3日間の準備
4日―6日 3日間の祈り
5日―聖母マリアの誕生日
7日ー月の祈り
96 - 7,13, 17, 19, 35, 37, 41, 58, 64, 65, 67, 73, 80, 104, 105, 106, 111, 112, 117, 118, 127, 128, 130, 147,150, 157, 169 - 96.
15日 ―聖母の披昇天
18―20日 3日間の祈り



 

image001.png

2017年6月30日

7月の祈り
1日ー祝されし三位一体への祈り
3日間の祈り
6月30日ー7月2日
7月14日ー16日

月の祈り―7日
(96 - 2, 14, 27, 31, 32, 42, 54, 61, 77, 83, 84, 85, 87, 98, 99, 120, 162, 164 - 96)

13日―ヨーロッパを護るための祈りの鎖(CHain o fPrayer)
イエズス様は、もっとヨーロッパのために祈るよう願っておられます。この日、この意向で最低ロザリオ三環(歓び、苦しみ、栄えの玄義)と十字軍の祈り( 33, 54 & 31)を祈るよう私たちは招かれています。
ヨーロッパを護るための祈りは、日本を、世界を護るための祈りともいえます。

三位一体への祈りの例
全ての被造物の源(みなもと)にまします天主、主は造られずして永遠の始めよりましまし、御本性(ごほんせい)にては一体、ペルソナにては三位にましまし給う。主はすべての見ゆるものと見えざるものを無より造り出(いだ)し、これを宰(つかさど)り給うなり。
天使らは主の御前(みまえ)に、聖なるかな、聖なるかな、聖なるかなと主をほめたたえ奉(たたえまつ)れば、われらも共に声を合わせて主を賛美し奉る。主よ、われらを見捨て給わらず、わが足(た)らざるを補(おぎな)いて、天使らと共に主を礼拝するを得しめ給え。
われらは天主の子と呼ばるるにふさわしからざれども、最愛の御独(おんひと)り子にましますわれらの主イエズス・キリストの福音(ふくいん)の光に照らされ、洗礼の恵みをこうむり天主の子となるの幸(さいわ)いを得たり。ああこの信仰の恵みは、いかにしてか感謝すべき。
願わくは、われらが主の子として変らざる信仰を保ち、御戒(おんいまし)めを守り、天主に従い奉るを得んことを、ひたすらこいねがい奉る。アーメン。




2017年5月26日

6月―回心の十字軍の月

mikokoro

1日―聖三位一体への祈り([御憐みのチャプレット。その他の祈り」収録)
三位一体

2―4日、16―18日
三日間の祈り

祈り

4日
聖霊降臨&救いの聖母
Heiliger Geist  救いの聖母

7日
月の祈り―(96 - 10, 12, 36, 39, 44, 45, 46, 47,
50,62, 63, 74, 76, 89, 116, 127, 128, 129,
134, 136, 137, 139, 142, 148, 149, 151,
152, 159, 160, 161, 163, 165, - 96)

月の祈り

11日
祝されし三位一体

三位一体

15日
キリストの聖体

聖体

23日 イエズスの聖心  24日 マリアの御心
聖心  Inmaculado_Corazon Maria








2017年5月25日

救いの聖母

救いの聖母の祝日
6月4日は救いの聖母の祝日です。
ノヴェナ―5月26日より6月3日

ノヴェナ期間中に毎日祈る祈り―十字軍の祈り第26番(これはロザリオです)、154番,132番、「聖母の汚れなき御心への奉献の祈り」(下記参照

ノヴェナの祈り(十字軍の祈り)
26日 17,19,32
27日 38,47,63
28日 68,74
29日 91,95,97
30日 98,111,113
31日 130,131
1日 138,143,144
2日 151,153
3日 155,159,166

聖母の汚れなき御心への奉献

乙女マリア、神の御母(おんはは)、われらの母よ、主への全(まった)き委託(いたく)において、われら御身(おんみ)の汚れなき御心(みこころ)にわれら自身を奉献し奉る。

御身によりてわれらはキリストへと導かれん。

キリストによりて、キリストと共に、われら御父(おんちち)へと導かれん。

われら信仰の光の中(うち)を歩み、この世が、イエズス・キリストが御父より遣わされたる御者(おんもの)なることを信じるがために、全てのことを行なわん。

われらキリストと共に、その愛と救いを地の果てまでも伝えん。

御身の汚れなき御心の御保護の下(もと)に、われらキリストと共に一つの民たらん。

われらキリストの再臨の証人たらん。

われらが世々に崇(あが)め、讃(たた)え、賛美し奉る至聖なる三位一体の栄光がために、われらキリストによりて御父へと導かれん。アーメン
(「御憐みのチャプレット・その他の祈り」に収録)




2017年4月29日

・5月1日―三位一体への祈り
・月の祈(5月7日)

mayo_2016 (1)

(96 - 5, 9, 10, 34, 35, 48, 51, 69, 72, 75, 91, 92, 93, 94, 95, 97,101, 103, 108, 109, 115, 119, 121, 123, 145 , 163, 168, - 96)

・3日間の祈り(5月5,6,7日)(5月19、20,21日)
・5月13日―ファティマ御出現100周年



2017年4月16日



画像の説明
われらの救い主は復活された!





2017年 4月10日
今日から、聖金曜日の午後三時半までの断食。(個々人の状況に合わせてていろいろな断食があります。主の苦しみに一致する、主の苦しみに感謝する、主の苦しみに賛同する、そして断食は霊魂を浄め、同時に人々の救霊に資する)
この聖週間に、告解の秘跡を受ける、十字軍の祈り第24番(カトリックの洗礼を受けていず告解の秘跡を受けられない人―7日間)、十字軍の祈り103番を3回祈る(できれば断食の間に)また、聖金曜日から御憐みのノヴェナをする(Information参照)。毎日御憐みのチャプレットを祈る。

私たちには自覚がありませんが、こうすることでこの聖週間に多くの霊魂を救うことができるという主の言葉を信じるのです。信仰とは、楽園への道とは、こういうことの積み重ね、くり返しです。誰も平坦な道を通っては天国へ行けません。死んで、永遠の地獄の炎の中でそれに気づいても遅いのです。永遠の地獄、なんと恐ろしい!!

かつて聖母は、永遠の地獄に関して、もしあなたがバラの花びら一枚で海水をくみ出したとしたら、海はいつかは空っぽになります(これは計算上です)、でも永遠とはそれよりも長い時間なのですとおっしゃったことがあります。

地獄の恐ろしいところは、そこから永遠に出られないという事実にあります。もしあなたが、カトリック信者だから、メッセージを信じているから、善行をおこなっているから地獄に行かないことが保証されていると、漠然と信じているとしたなら、その考えを改めなければなりません。(『霊魂の聖薬』参照)淑女と見える婦人も、模範的な修道院長も地獄へ行ったのです。

自分が地獄への道を辿っているかどうかを知る一つの基準は、嘘を平気で付くかどうかがその一つとしてあげられるでしょう。自分が、嘘を平気で吐くようになっているという自覚がある人は、滅びの道を歩んでいると確言できます。それはその嘘のために地獄へ行くのではなく、そのように小罪に鈍感になって生きている人間は必ず何らかの大罪を免れることはないからです。この件に関して、サタンの軍勢が手を抜くということはありえません。カエルは、お湯の中に入れると熱さに慌てて飛び出しますが、水の中に入れて、その水に徐々にお湯を入れてゆくと、熱の自覚がなく、最後には熱湯になっても死ぬまで外に出ないそうです。これは昔理科の先生をしていたある司祭が説教で、小罪に鈍感になることの恐ろしさについて語っときの、その比喩でした。つまり小罪に鈍感になっている人間には大罪を犯すことの恐ろしさの自覚が無くなるのです。

それは歯医者で根元だけがクレーターの様に残った奥歯を抜いてもらう時に似ています。ペンチで歯をごきごきと抜いてもらっている間、医者がペンチで歯の根元の肉の部分に先を突っ込みながら抜いているのだと、意識、理性では分かっていはいても、麻酔によってその状況から生じるはずの感覚はありません。ただ、判断として、今医者は自分の歯を器具を使って残酷なまでに強引に引き抜こうとしているのだと分かっています。
小罪に鈍感になっている人間が大罪を犯すときも同じです。大罪を犯している自覚はあっても感覚がマヒしているのです。こういう状態の人間が、自分で自分の霊魂を救うことは困難なことです。ほとんど不可能と言ってもよいのです。そのために十字軍の祈りがあります。(46番、62番、64番、65番、68番、89番、104番、107番、112番、118番、127番、130番(救いのノヴェナ)、133番、137番、139番、148番、152番、157番、など)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional