祈り集1’



十字軍の祈り第16番―大警告の間に与えられる恵みを受け入れるための祈りおおわがイエズスよ、御身(おんみ)の大いなる御憐(おんあわれ)みのこの試練のあいだ、われを強め給え。御身の御眼(おんめ)において、小さき者となるに必要なる恵みをわれに与え給え。御身の御約束(おんやくそく)、永遠の救いの御約束の真理に、わが眼を開かせ給え。わが罪を赦し、御身の愛と友愛の御手(みて)をわれに示し給え。われを抱きて聖家族の御腕(おんうで)の中へと引き入れ給え。そは、われら皆が再び一つとなることを得んがためなり。われ御身を愛し奉るイエズスよ、また今日より世々に至るまで、われ心には恐れ無く、霊魂には清浄をもちて、御身の聖なる御言葉(みことば)を宣し奉らん。ア―メン」

十字軍の祈り第17番―黒い霊魂たちのための救いの母の祈りおお、マリアの汚れなき御心、救いの母にしてすべての恵みの仲介者、サタンの悪より人類を救わんとし給える御身よ、われらのために祈り給え。救いの母よ、人類を救うために再び来たりて、われらに永遠の救いの機会を与え給わんとする、御身の御子(おんこ)、われらの主イエズス・キリストの示し給える愛と御憐みを、すべての霊魂が受け入れ、救われるよう祈り給え。アーメン

十字軍の祈り第18番―反キリストとその一味を阻止するおお愛するイエズス、反キリストより世界を救い給え。サタンの凶悪なる謀(はかりごと)よりわれらを護り給え。御身の教会の、最後に残りし者らを悪より救い給え。サタンとそのテロリストの軍勢によりて謀(はか)られし戦争と迫害より、われらを護るに必要な力と恵みを御身のすべての教会に与え給え。アーメン」(2018年11月8日完成)

十字軍の祈り第19番―若者たちのため救いの母よ、恐ろしい闇の中にいる若者たちへの御憐みを求めて祈り給うよう、われ御身(おんみ)に願い奉る。そは、御身の最愛の御子(おんこ)が、全人類を救うために来たり給うとき、彼らが御子を認めんがためなり。ひとりとて、路傍に倒るるを許し給わざれ。ひとりとて、御子の大いなる御(おん)憐みを拒むを許し給わざれ。母よ、すべての者が救われんことを、また、欺くものより護られんために必要なる御保護を与えんがために、御身の聖なるマントもてこれらの者らを被い給わんことを、われ御身に願い奉る。アーメン

十字軍の祈り第20番―反キリストが世界を破滅させるのを阻止するおお、父なる神よ、御身(おんみ)の貴き御子(おんこ)の御名(みな)によりて、反キリストが、御身の子らの霊魂を誘惑するを許し給わざれ。反キリストが、御身の子らに恐怖を与えるを許し給わざるよう、われ御身、全能なる父に乞い願わん。御身の創造物を反キリストが汚すを許し給わざるよう、御身に乞い願い、また反キリストに対して無力なる哀れな者たちを憐み給うよう願い奉る。わが祈りを聞き給え、愛する父よ、またこの恐るべき悪より御身のすべての子らを救い給え。アーメン」

十字軍の祈り第21番―人類の救いに対する神への感謝おお聖なる神よ、御身が人類に対して抱き給える愛と御憐みに対し、われら御身、全能なる人類の創造主を讃え、感謝し奉る。御身の哀れな子らに与え給えし救いの賜物に、われら御身に感謝し奉る。おお主よ、邪悪なる者に従う者たちを救い、彼らの心が永遠の命の真理へと開かれんことを、われ御身に請い願い奉る。アーメン」

十字軍の祈り第22番―教会の教えを擁護すべきカトリックの司祭おおわが最愛のイエズス、われを強め、一日を通して常に、御身(おんみ)へのわが愛の炎を燃え立たたせ給え。御身に対するこの愛の炎が、揺らめくを、あるいは消え入ることをゆめゆめ許し給わざれ。わが召命を、わが信仰を、わが忠誠を敬い、また正統なるカトリック教会の教えを擁護するために必要な恵みをわれに与え給え。われ御身にわが忠誠を常に奉げん。御身の軍隊として戦うことをわれは固く約束し奉る、そはカトリック教会が、御身が再び来り給うときに、御身、愛するイエズスを迎えんために、再び栄光のうちに蘇ること能(あと)うがためなり。アーメン

十字軍の祈り第23番―教皇ベネディクトの安全を求むる祈りおお、わが永遠の聖父(ちち)よ、御身(おんみ)の最愛の御子(おんこ)イエズス・キリストのため、また、世を罪より救わんがために忍び給いしその苦しみがために、今、御身の聖なる代理者、教皇ベネディクト、地上の教会の頭(かしら)を護り給うようわれ祈り奉る。そは、霊魂を奪いつつ、地上を徘徊(はいかい)するサタン、およびその配下の堕天使らのもたらす苦しみより、御自分の子らと、すべての聖なる僕(しもべ)らを御身が救い給うを、教皇もまた、その手助けをするを得んがためなり。おお聖父(ちち)よ、御身の子らが、地上の新しき楽園への真(まこと)の道より、逸るることなく導かれんがために、御身の教皇を護り給え。アーメン」(2018年8月1日完成)

十字軍の祈りNo.24―罪の赦しに対する全免償おおわがイエズスよ、御身(おんみ)は世の光なり。御身はすべての霊魂に触れる炎なり。御身の御憐みと愛は限りなし。われら御身の十字架の死による犠牲(いけにえ)に値せず。しかれども、御身のわれらへの愛が、われらの御身への愛に勝るをわれらは知れり。御身の新しき国にふさわしき者たらんがために、おお、主よ、われらに謙遜の賜物を与え給え。われらを聖霊で満たし給え、そはわれらが前進し、御身の軍隊に御身の言葉の真理を宣言せしめ、またわれらの兄弟姉妹をして御身の地上への再臨の栄光に準備せしむるを得んがためなり。われら御身を敬い奉る。われら御身を賛美し奉る。われら、霊魂を救わんがために、御身への捧げものとして、われら自身、われらの悲しみ、われらの苦しみを捧げ奉る。われら御身を愛し奉る、イエズスよ。いづこにいようとも、御身のすべての子供らを憐み給え。アーメン。

十字軍の祈り第25番―世界中のヴィジョナリ―の保護のため「おお至高なる神よ、世界の聖なるすべての御身のメッセンジャーに、保護を与え給うようわれ御身に嘆願し奉る。彼らが他人(ひと)の憎しみより護られんことを。御身のいとも聖なる言葉が、世界中に疾(と)く広まらんことを。中傷、悪口(あっこう)、偽り、あらゆる危険より御身のメッセンジャーを護り給え。彼らの家族を護り、常に聖霊もて彼らを被い給え、そは彼らが世に与うるメッセージが、痛悔に満てる謙遜な心に聞かれんがためなり。アーメン」」(2018年8月5日完成)

十字軍の祈り第26番―自分たちの国を救う手助けとしてロザリオを祈りなさい聖母は、自分の国と家族を救うための一助として聖なるロザリオ―三つの玄義すべて―を、日々唱えるよう人びとにつよく促された。

ロザリオの前の祈り

「おおロザリオの元后、御身(おんみ)は三人の牧童らに、ロザリオに秘められたる聖寵の宝について告げるべく、畏(かしこ)くもファティマに来られ給えり。この信心への真(まこと)の愛もてわが心をふるい立たせ給え。そは、ロザリオのうちに思い起さるるわれらの贖いの玄義を黙想することにより、われがその実を豊かに結び、世の平和を、罪びと及びロシアの回心を、また、われがこのロザリオによりて願い奉る聖寵(ここで自分の願いを述べる)を得んがためなり。神のより大いなる栄光がため、御身御自身の栄光がため、霊魂―とりわけわれ自身の霊魂の糧(かて)がために、われこれを願い奉る。アーメン。
(2018年7月22日完成)

十字軍の祈り第27番―世界平和のため「おお、わがイエズスよ、われ、恐ろしき戦争に苦しむ者たちのために御憐(おんあわれ)みを請い願わん。御身(おんみ)の現存の真理に盲目なる苦難の諸国に、平和が徐々に実現されんことを。これらの国々を聖霊の力で包み込み給え。そは、これらの国々が、無垢(むく)なる者らに対する支配追及を止(や)めんがためなり。世界を覆う邪悪なる残虐さに無力なるすべての国々を憐み給え。アーメン」

十字軍の祈り第28番―すべてのキリスト教教会の一致のための乙女マリアの祈り「おお、至高なる神よ、御身の地上のキリスト教教会を擁護するための戦いにおいて、すべての御身の子らの統合を願わんがため、われら御身の御前にひざまずかん。世の大いなる背教の今、われらの意見の相違をしてわれらを分裂せしめ給わざれ。愛する父よ、御身の最愛の御子(おんこ)、われらが救い主、イエズス・キリストの御名によりてわれらが互いに愛するする恵みを与え給わんことを、われらの御身への愛において請い願い奉らん。われら御身を崇め奉る。われら御身を愛し奉る。来たるべき月日にわれが直面すべき試練において、地上の御身のキリスト教教会を維持するための力を求めて戦うべく、われら一致せん。アーメン

十字軍の祈り第29番―キリスト教の儀式を護る「 おお、わが主イエズス・キリスト、すべての御身の子らの上に御身の聖霊を注ぎ給うよう、われ御身に嘆願し奉る。心に御身に対する憎しみを宿す者らを許し給うよう、われ御身に請い願い奉らん。われは祈らん、御身の大いなる御憐みのあいだ、神を信ぜざる者たちがその頑(かたく)なな心を開かんことを、また御身を愛する子らが、迫害を克服せんがために、威厳をもちて御身を敬うことを得んことを。願わくは、すべての御身の子らを御身の霊の賜物もて満たし給わんことを。そは、彼らが勇気を持ちて立上がり、御身の軍隊を、サタンとデーモン、およびサタンの偽りの約束の虜となりしすべての者たちに対する最後の戦いへと導くを得んがためなり。アーメン

十字軍の祈り第30番―宗教的迫害を避ける祈り「おお、わが永遠の父、宇宙の創造主なる神よ、われらをして御身をさらに愛さしめ給うよう、われ御身(おんみ)の貴き御子(おんこ)の御名(みな)によりて請い願い奉る。逆境に遭(あ)いしときに、われらが勇敢、大胆、強固なるよう助け給え。また、われらの犠牲、苦しみ、試練を、御身の地上の子らを救うための、御身の玉座の御前に捧ぐる捧げものとして受け入れ給え。汚れし者らの心を和らげ給え。彼らの眼を御身の愛の真(まこと)に開かさせ給え。そは、御身の聖なる御旨によりて、われらがために御身の愛によりて創り給いし楽園に、御身の子らと共に彼らが加うることを得んがためなり。アーメン」(2018年10月16日完成)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM