祈り集5’

十字軍の祈り第136番―御身の言葉を守るため親愛なるイエズス、われをして御身(おんみ)の言葉を聞かせ給え。われに御身の言葉を生かさせ給え。われに御身の言葉を語らせ給え。御身の言葉をわれに伝えさせ給え。われが真実を擁護したることによりて迫害を受くるときにあってさえ、真実を擁護する力をわれに与え給え。御身の言葉が御身の敵によりてかき消さるる際に、われをして御身の言葉を生かし続けさせ給え。われが失望のうちにありしとき、われに御身の勇気を感じさせ給え。われが弱りし時には御身の力もて、われを満たし給え。御身の至聖なる御旨に忠実たるがために、地獄の門のわれに対し優勢なりしとき、われに威厳を保つ恵みを与え給え。アーメン」(2020年5月10日完成)

十字軍の祈り第137番―「回復の祈り」「おお神よ、全能なる神よ、おお至高なる神よ、御身のみ心の愛と御憐(おんあわれ)みもて御身(おんみ)の卑しき僕なるわれを見そなわし給え。御身の光の中にわれを回復させ給え。御身の寵愛の中(うち)にわれを抱え戻し給え。われを恵みで満たし給え、そは、われが卑しき奴隷の身において、御身の至聖なる御旨によりて、われ自身を御身に捧げるを得んがためなり。傲慢の罪、また御身を侮辱することになるすべてのものをわれより取り除き、日々、いつまでも御身に仕えんとの深き変わらざる望みをわれに抱かさしめ給え。アーメン」。(2020年4月14日完成)

十字軍の祈り第138番―憎しみからの保護おお、救いの母よ、あらゆる憎悪よりわれを護り給え。憎しみに遭いしときにわれを静まらせ給え。われが最も弱まりし時に、イエズス・キリストへの忠実さにおいてわれを強め給え。わが唇を閉ざし給え。御子(おんこ)の教えを否む言葉もてわれを誘う者たち、あるいはわが信仰ゆえにわれを侮る者たちに背を向けさせ給え。これらの者たちのために祈り給え、愛する母よ、そは、彼らがサタンを否み、その霊魂の中(うち)に御身の愛の平和と、聖霊の君臨し給うを感じんがためなり。アーメン」(2020年4月7日完成)

十字軍の祈り第139番―悪を打ち負かす強さを求めて愛するイエズス、悪魔の邪悪よりわれを護り給え。われと、悪魔に対して弱く無力なるすべての者たちとを、御身の貴き御血(おんち)もて護り給え。悪魔を否む勇気をわれに与え給い、日々、悪魔がわれをいかなる形であれ引き入れんとする誘惑をもわれに避くるを得しめ給え。アーメン」(2018年11月15日完成)

十字軍の祈り第140番―天使の階級(ヒエラルキー)による保護創られしものすべての神、至高なる神であられる親愛なる父よ、御身(おんみ)の天使の階級による恵みと保護をわれに与え給え。御身の子らがいかに御身に背きしとも、彼ら一人ひとりへの御身の愛にわれが集中するを得しめ給え。イエズス・キリストの再臨に世を備えさせるための最後の契約の報せを、われが恐れずに広めるを助け給え。サタンとそのデーモン、また地上のその手先らによってわれに向けらるる迫害を乗り越えるための特別な恵みと祝福をわれに与え給え。御身の敵を、われが恐るるを決して許し給わざれ。わが敵を、また神の御名によりてわれを迫害する者らを愛する強さをわれに与え給え。アーメン」(2020年1月5日)

十字軍の祈り第141番―迫害に対する保護愛するイエズス、いかなる犠牲を払いしも御身(おんみ)の言葉に忠実たらんとするわが戦いにおいて、われを護り給え。御身の敵よりわれを護り給え。御身ゆえにわれを迫害する者たちよりわれを護り給え。わが苦悩を共にし給え。わが苦しみを和らげ給え。この世に永遠の救いをもたらすために、御身が再び来られるその日まで、御顔(みかお)の輝きによりわれを奮い立たせ給え。われを迫害する者たちを赦し給え。彼らの罪の償(つぐの)いとしてわが苦しみを用い給え、そは,彼らが心に平和を見出し、霊魂に痛悔もて最後の日に御身を迎え入るるを得んがためなり。アーメン」(2020年1月2日完成)

十字軍の祈り第142番―死の準備わが愛するイエズス、わが罪を赦し給え。わが霊魂を浄め、御国(みくに)に入(い)るべくわれを備えさせ給え。御身(おんみ)と一つとなる備えをする恵みをわれに与え給え。われにいかなる恐怖をも打ち勝たしめ給え。わが心、わが霊魂を備える勇気をわれに与え給え、そは、われが御身の御前(みまえ)に立つにふさわしき者とならんがためなり。われ御身を愛し奉る。御身を信頼し奉る。われ、わが肉身(にくしん)、わが心、わが霊魂においてわれ自身を永遠(とわ)に御身に捧げ奉る。御身の御旨をわが意志となし、われを苦悩、疑い、あるいは混乱より解き放ち給え。アーメン」(2019年12月18日完成)

十字軍の祈り第143 番―救いのミッションを護るため「おお救いの母よ、あらゆる場所のすべての神の子らに永遠の命をもたらさんとする、神の賜(たまもの)なるこのミッションを護り給え。常に神に仕えんがため、とりわけそれがためにわれらが苦しみし時に、御身(おんみ)の最愛の御子(おんこ)イエズス・キリストによりてわれらに義務を行(おこの)う勇気が与えらるるよう、われらのために取次ぎ給え。このミッションが、 神の聖なる御旨(みむね)に従い、何十億もの者たちを回心させ、これらの石の心を愛に溢るる御子の僕(しもべ)へと変えさせ給え。憎しみと迫害の十字架に打ち勝ち、それに伴(ともの)う苦しみを、 心の寛大さもて、また訪るる事々への全き承諾のもとに受け入るる強さを、このミッションにおいてイエズスに仕え奉るわれらすべての者に与え給え。アーメン」(2018年10月29日完成)

十字軍の祈り第144番―キリスト教徒の信仰を護るためおお救いの母よ、世界中のキリスト教徒の霊魂のために取り次ぎ給え。彼らに信仰を保たしめ、彼らをしてイエズス・キリストの教えに忠実たらしめ給え。彼らが自らの信仰を常に保つための、心と霊魂の強さを持つよう祈り給え。愛する母よ、彼らが真理に目を開き、御身(おんみ)の御子(おんこ)の御名(みな)によりて彼らに示さるる、いかなる偽りの教義をも識別する恵みが与えらるるよう取り次ぎ給え。たといそのために苦しみと嘲りを受くるも、彼らをして、真の忠実なる神の僕であり続け、悪と虚偽を捨つるを得しめ給え。おお救いの母よ、すべての御身の子らを護り給え、すべてのキリスト教徒が、その最後の息を引き取るまで主の道を辿らんよう祈り給え。アーメン(2018年9月15日完成)

十字軍の祈り第145番―御身の愛の賜物もてわれを満たし給え「愛なるイエズスよ、空(から)の器なるわれを、御身(おんみ)の愛の賜(たまもの)もて満たし給え。わが霊魂を御身の存在もて溢れさせ給え。御身がわれを愛し給うごとく、われが他人(ひと)を愛するを助け給え。われをして、御身の平和、御身の静けさ、御身の憐みの器たらしめ給え。他人の不幸に常にわが心を開かせ、御身を拒む者ら、またわれに罪を犯す者らを許す恵みをわれに与え給え。御身がわが立場にあらば御身のなし給わんその模範もて、われをして御身の愛を宣言せしめ給え。アーメン」(2020年1月17日)

十字軍の祈り第146番―欺瞞に対する保護愛する救いの母よ、キリスト教徒の信仰を破壊せんがためにサタンによりてもたらされる欺瞞に対し、保護の恵みもてわれを護り給え。神の敵よりわれを護り給え。御身(おんみ)の御子(おんこ)へのわれらの愛を弱めるべく用いらるる虚偽と異端より、われらを無事たらしめ給え。虚偽、欺瞞、そして真理を否むべくそそのかすためにわれらが直面するやもしれぬすべての試みに、われらの眼を開かせ給え。アーメン」(2020年1月14日完成)

十字軍の祈り第147番―父なる神よ、御子(おんこ)を否む者らに御憐みを示し給え「おお神,わが永遠の父よ、御子を否(いな)む者らに御憐(おんあわれ)みを示し給うようわれ御身(おんみ)に願い奉る。御身の預言者を滅ぼさんとする者たちの霊魂のために、われ弁護し奉る。御身より離れ去りし者らの回心をわれ乞い願い奉る。また、すべての御身の子らが、御身の最愛の御子イエズス・キリストの再臨に備え、その霊魂を準備し、御身の御旨(みむね)に従い生活を改むるを助け給うよう、われ御身に願い奉る。アーメン」(2018年11月7日完成)

十字軍の祈り第148番―わが助けに来たり給えおお、わがイエズスよ、われが深き苦しみにありしとき、われを助け給え。われを抱きしめ、御身(おんみ)の聖心(みこころ)の避難所へとわれを連れ行き給え。わが涙をぬぐい給え。わが心を鎮(しず)めたまえ。わが士気を上げ、われを御身の平和で満たし給え。このわが特別な願い(ここで願いを述べる)を聞き入れ給え。わが助けに来たり給え、そは、わが願いが叶えられ、わが生活が平和に満たされ、御身、愛する主と一つとならんがためなり。もしわが願いの叶えらるること能(あた)わざれば、その御旨(みむね)が、わが霊魂の善のためなることを受け入れ、また寛大かつ柔和なる心もて絶えず御身の言葉に忠実たる恵みでわれを満たし給え。アーメン」(2020年1月13日完成)

十字軍の祈り第149番―神の愛を求めるおおイエズス、神の愛もてわれを満たし給え。御身の聖なる光もてわれを満たし給え、われがすべての国に神の御憐(おんあわれ)みの種(たね)を蒔くに必要な愛もてわれを溢れさせ給え。われが接するすべての人間に、われが御身の愛を広むるを得さしめ給え。一致の中に、すべての神の子らをうっとりさせる霞(かすみ)のごとく、すべての霊魂、すべての信仰、すべての信条、すべての国を照らすべく、御身の愛を広め給え。神の愛をわれらが広めるを助け給え、そは、神の愛が世のすべての悪に勝つを得んがため、また勝たんがためなり。アーメン」(2019年5月14日完成)

十字軍の祈り第150番 ―不信仰の者たちを救うため愛するイエズス、自らの誤りによらずして、御身を認むることを拒む者たちすべてを救い給うよう、われ御身に願い奉る。御身を拒む者たちを御身のもとに連れ行くため、また御身が全世界に注ぎ給もう御憐(おんあわれ)みのために、われわが苦しみを御身に捧げ奉らん。彼らの霊魂を憐み給え。彼らを御身の天的避難所へと連れ行き、彼らの罪を赦し給え。アーメン」(2019年5月11日完成)

   

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM