祈り集1

これは草稿と言えるもので、細かい箇所の直しは今後に委ねます。

十字軍の祈り第1番―救霊のためのイエズスへのわが贈り物われらをこの上もなく愛した給う御身、わが最愛のイエズスよ、われにへりくだりて御身の貴き子らを救う手助けをなさしめ給え。いかにひどく御身に背きしとも、あらゆる罪びとに御憐みを示し給え。大警告を生き延び、御国(みくに)において御身の御傍(おんかたわ)らに居場所を求むること能(あた)わざる者たちを、われに祈りと苦しみもて助けしめ給え。御身の焦(こ)がれ給える霊魂を、御身が勝ち取るを助け奉らんと願うわが祈りを聞き給え、おお甘美なるイエズスよ。おおイエズスの至聖(しせい)なる聖心(みこころ)、われ常に御身の聖なる御旨(みむね)に忠実たらんことを約束し奉る。アーメン」(2018年9月27日完成)

十字軍の祈り第2番―世界を支配する者たちのための祈りわが永遠の聖父(ちち)よ、無垢なる国々に対し世界勢力のもくろむ迫害から、御身の子らを護り給うよう、われ、御身(おんみ)の最愛の御子(おんこ)イエズス・キリストの御名(みな)によりて願い奉る。この苦しみをもたらす者たちの罪の赦しを求め、われ祈り奉らん。そは彼らが、謙遜な痛悔の心もて御身に立ち返らんがためなり。世の罪の償いとして、御身の子らがこの苦しみを耐え忍ぶ力を与え給え。われらの主イエズス・キリストによりて。アーメン

十字軍の祈り第3番―世界の恐怖を取り除くための祈りおおわが主なるイエズス・キリストよ、人々を,御身(おんみ)の愛に満てる聖心(みこころ)より引き離す,世界の恐怖を取り除き給うようわれ御身に願い奉る。大警告の間に、まことの恐怖を経験する者たちが立ち止り、彼らの霊魂に御憐みが溢るるに任せたらんよう、われ祈り奉らん。そは彼らがすすんでふさわしく御身を愛さんがためなり。アーメン

十字軍の祈り第4番―家族を一致させるための祈りイエズスよ、大警告の間に、家族すべてを一致させ給え。そは彼らが永遠の救いを得んがためなり。家族すべてが御身の地上の新しき楽園を継ぐべく、御身、イエズスと一致して彼らが共に一つとなるよう、われ祈り奉る。アーメン

十字軍の祈り第5番―至高なる神への賛美おお永遠の御父よ、人類全体への御身の御憐みの貴き賜物がために、喜びに満てる感謝もてわれら御身に祈りを奉げ奉らん。御身の愛に満ちみてる御憐みに対し、われら御身、栄光きわまれる王に賛美と礼拝とを奉げ奉る。御身、至高なる神はわれらが王なり。御身が今われらに賜らんとする賜物に対し、われら卑しき奴隷として御身の足元にひれ伏し奉らん。天主よ、願わくはすべての御身の子らを憐み給え。アーメン」

十字軍の祈り第6番―反キリストを阻む祈りおおイエズスよ、神がその御憐(おんあわれ)みによりて、反キリストとその悪の軍勢が、御身の子らに恐怖をもたらし、試練を負わするを妨ぎ給うよう、われ祈り奉る。反キリストが阻止され、大警告の間になさるる回心によりて、天罰の御手が避けられんことをわれら祈り奉る。アーメン

十字軍の祈り第7番―御憐みを拒む者たちのための祈りイエズスよ、われ御身に強く乞い願わん。御身の御憐みの光を拒む、霊魂の黒く汚れたる罪びとたちを許し給え。彼らを赦し給え、イエズスよ。彼らが自ら抜け出ることに困難を感ずる罪より彼らを救いださんがために、われ御身に嘆願し奉る。彼らの心を御身の御憐みの光もて溢れさせ、御身の群れへと立ち返る機会を彼らに与え給え。アーメン

十字軍の祈り第8番―告白いとも信愛なるイエズスよ、わがすべての罪と、他の者に対してわれが傷と害とを与えしことを赦し給うよう、御身に願い奉る。再び御身に背くを避ける恵み、また御身の聖なる御旨に従いて償いを奉げる恵みを、われ伏して願い奉る。犯すかもしれぬ、御身に痛みと苦しみをもたらす、未来のいかなる罪をも赦し給うよう、われ御身に嘆願し奉る。われをして、御身と共に平和の新しき時代へと行かしめ給え。そは、永遠(とわ)に御身の家族の一員とならんがためなり。われ御身を愛し奉る、イエズスよ。われは御身を必要とし奉る。われは御身と御身の御旨のすべてを敬い奉る。われが御身の御国に入(い)るにふさわしき者とならんがために、われを助け給え、イエズスよ。アーメン

十字軍の祈り第9番―贈り物として苦しみを奉げるおお至聖なるイエズスの聖心(みこころ)、われが御身の言葉を謙遜に、感謝とともに宣言するにあたり、御身の御名において侮辱を受け入れるべく、われを導き給え。屈辱、痛み、苦しみが、いかほどにわれをして御身の聖心(みこころ)に近づかしむるかを、われに教え、悟らせ給え。かようなる試練を、愛と心の寛大さもてわれに受け入れせしめ給え。そは、御身にとりていとも貴き贈り物として、救霊のためにこれらの試練を奉げんがためなり。アーメン

十字軍の祈り第10番―御身の愛の炎を運ぶ愛するイエズスよ、御名(みな)によりてわれが果敢に立ちあがり、すべての国に御身の愛の炎を運ぶを助け給え。
御憐みを真(まこと)に信ぜざる者たちのなかにあって、われらが被る不当な扱いに立ち向かう強さを、われら、御身の子らに与え給え。アーメン


十字軍の祈り第11番―ヴィジョナリー(神秘家)への憎悪を阻止するおおイエズスの聖心(みこころ)よ、この時代の御身(おんみ)の真(まこと)の神秘家たちに対する、御身の従者たちの中(うち)に存(そん)する憎悪と嫉妬を止(と)め給え。

不信仰の世へ御身(おんみ)の至聖なる言葉を宣言するに必要な強さを、御身の神秘家たちに与え給うがためのわが祈りを、御身が聞き給うようわれ祈り奉る。アーメン
」(2018年11月6日完成)

十字軍の祈り第12番―傲慢の罪を避けるおおわがイエズスよ、御身(おんみ)の御名(みな)によりてわれが語る際、傲慢の罪をわれが避くるを助け給え。
御身の聖なる御名によりて、もしわれがいかなる者をも見くびりしならば、われを赦し給え。御身の御声(みこえ)がわれに語り給い、われをして御身の聖霊もて満たし給(たも)うとき、われが聴くを助け給え。そは、御身が人類に呼びかけ給う時に、われが御身の言葉の真実を聞き分けるを得んがためなり。アーメン」


十字軍の祈り第13番―抗体を求めるおお、天の聖父(ちち)よ、十字架の御受難によりてわれらを罪より救い給いし、御身(おんみ)の最愛の御子(おんこ)イエズス・キリストの愛によりて、御子の御憐(おんあわれ)みの御手(みて)を未だに拒む者たちすべてを救い給え。愛する聖父よ、彼らの霊魂を御身の愛の印もて満たし給え。われ御身に嘆願し奉る、天の御父よ、わが祈りを聞きいれ、それらの霊魂を永遠の地獄より救い給え。御身の御憐みによりて、地上の新しき平和の時代に、彼らをして真っ先に入るを得しめ給え。アーメン

十字軍の祈り第14番―父なる神に、核戦争からの保護を求める祈り「おお全能の聖父(ちち)、至高なる神よ、すべての罪びとを憐み給え。彼らが救いを受け入れ、豊かな恵みを受け入れるよう、彼らの心を開き給え。わが家族のための嘆願を受け入れ、家族一人ひとりが、御身の愛に満ちみてるみ心によりて嘉(よみ)されんことを確かなものとなし給え。おお神なる天の聖父よ、地上の御身(おんみ)の子らを、あらゆる核戦争、あるいは御身の子らを滅ぼさんともくろむ他の行いより護り給え。われらを害に遭わせ給わず、われらを護り給え。心に恐れを抱くことなく、われらが目を開き、聞き、救いの真理を受け入れることを得んがために、われらを照らし給え。アーメン

十字軍の祈り第15番―御憐みの賜物への感謝おおわが天の聖父(ちち)よ、この世に救い主を遣わし給いし時の御身の犠牲に深く感謝し、われ御身を崇め奉る。御身の子らにいま与え給いし賜物、御憐みの賜物に、喜びと感謝のうちに、われらのつつましやかな感謝の祈りを御身に捧げ奉らん。おお至高なる神よ、われらをして、この大いなる御憐みを、感謝もて受くるにふさわしき者たらしめ給え。アーメン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM