なぜ私が、このようにして世に語りかけるのか

マリア・ディバインマースィー
なぜ私が、このようにして世に語りかけるのか
2011年5月23日  月曜日  09:45


わが親愛なる娘よ、今は、わが聖なるメッセージについて考え、世界中の罪人たちがメッセージに耳を傾けるようになることを確信するときである。間違ってはならないが、これらのメッセージは、あなたたち皆、永遠の聖父なる神への異なった道を辿(たど)る者たちを含む、わが子どもたちすべてを救うための一助となる賜(たまもの)として与えられているのだ。

人々、特にカトリック信徒は、私が彼らを様々な宗教を信じる他の者たちの前に置かないことで混乱するだろう。私の言葉の選択は、単に少数の選ばれし者たちだけではなく、すべての者たちに聞かれるようなされている。わが愛に差別はない。このメッセンジャーを通して、私が人類に語りかけるその仕方に疑問を抱く者たちは、いま私の言うことに耳を傾けなさい。あなたたち、わが従者たちは、わが磔刑の時以来真理は決して変わっていないということを理解しているが、それならば、私はすべての神の子どもたちにわが愛を伝えなければならないのだということを知りなさい。だれ一人、他の者たちよりも特別だということはない。

わが娘よ、なぜ私がこのような形で語るのかを説明するように挑まれたとき、あなたはそれに応じたり、あるいはわが言葉を擁護しようとしたりしてはならない。わが言葉は神聖なものである。それは、神学的原則の専門家であると自分自身を考えている者たちに合わせて変えられたり、省かれたりしてはならないのだ。わが言葉は、今日の人間にはっきり理解される言葉で世に与えられているものだからだ。多くの者たちが、なぜメッセージの言葉が、古(いにしえ)のわが預言者や使徒たちによって使われた同じ専門用語や表現を使わないのかと問うだろう。いま私は彼らに答えよう。

わが言葉は決して変わらないということを覚えていなさい。今日、現代的な方法で語りかけるために私がどんな言葉を用いようとも、真理はそのまま変わらずに存在する。古代の言葉、あるいは聖書からの引用を用いて私からメッセージを受けていると主張するヴィジョナリーや幻視者に用心しなさい、それは今日の人間に私が語りかけるやり方ではないからである。なぜ私がそうするのか。私は、新世代―わが聖父の聖なる書に含まれている言葉を知らない者たちを退けないのだろうか。

わが聖なる言葉を語る際に、簡略さが鍵なのだ、わが子どもたちよ。覚えておきなさい、他の者にわが存在の真実を語るとき、その試みにおいて簡略さは不可欠であるということを。もしそうしなければ、あなたたちはそれらの迷える者たちの心を動かすことはないだろう、なぜなら貸す耳をもたないだろうからである。

わが愛のメッセージ
わが愛のメッセージは非常に単純である。私は、わが地上の子どもたちが切望する、命である。私が真理だと説明しなさい。このことをはっきり言いなさい。私なしには永遠の命はない。信仰をもたない者たちの心を引くために、このメッセンジャーに私が明らかにする預言を用いなさい。それがメッセージが世に与えられている理由だからである。それは人々を怖がらせるためではなく、私が今、わが聖なる言葉が聞かれるだけではなく信じられるような仕方で語っているということを示すためである。

あなたたちの愛に満ちた救い主にして教師
イエズス・キリスト、憐れみの王

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM