サタンとの約束はほとんど終り、二つの出来事がまもなく起こらなければならない

マリア・ディバインマースィー

サタンとの約束はほとんど終り、二つの出来事がまもなく起こらなければならない
2012年7月26日   木曜日  23:55

わが親愛なる娘よ、多くの者たちはわが再臨の神秘をまことには理解していない。

わが再臨は、新約の成就である。

それは、わが最愛の聖父(ちち)がアダムとイヴのために愛を込めて創った完全なる楽園の創造となる。アダムとイヴの時には、地上の万物が完全な調和のもとにあって、神の意志に従っていた。

わが地上での磔刑以来この方、その間地上を制してきたサタンの統治ゆえ、人類は苦しんできた。

サタンとの約束はほとんど終わり、二つの出来事が間もなく起こらなければならない。

大警告の間に人類の救出がなされるだろう。大警告の後、神の存在について無知なる者たちをも含めて、人々は真理を受け入れるだろう。

他の者たちーこの、「証拠」が示されるという奇跡に応じるのに遅々とする者たちは、やがては回心するだろう。彼らもまた、自分たちの罪の生活の赦しを願うだろう。

そして最後の段階である聖化―全人類が完全な楽園に入るにふさわしい者となるための最後の浄めが訪れる。

これは原初にアダムとイヴが住んでいた楽園である。すべての人間がわが聖父の御旨(みむね)を愛し敬い、わが聖父の聖なる御旨が終(つい)に行われるのはその時をもってしてのみである。

このすべてが成就する前には、最後には行われるわが聖父の御旨は烈しい反対に遭うだろう。

神の子供たちはあらゆる方向に引かれてゆくだろう。大警告の間に聖霊は世に注がれるだろうが、この全地球的告白を阻止するためにサタンはあらゆることをするだろう。

サタンとその邪悪なる従者たちもまた大警告に備えている。彼らの目指すところは、すべての者に、大警告は起こらなかったのだと信じ込ませることだ。

サタンが地上を歩いている限り、多くの者たちにとって、神の愛と新しき楽園の存在を受け入れることは難しい。

自由は、サタンが消え去ったときにのみ訪れる。

悲しいかな、真理を悟らない者たち、また神を受け入れることを頑なに拒む者たちが楽園を見ることは決してない。わが聖父の御旨を受け入れるために、どうかこの十字軍の祈りと唱えてほしい。

十字軍の祈り第69番―父なる神の聖なる御旨を受け入れるため

父なる全能の神よ、われ御身の御旨を受け入れ奉る。
御身の子らが御旨を受け入れるを助け給え。
御父の遺産への御身の子らの権利を、サタンが妨害するを阻止し給え。
楽園の遺産を求める戦いを、われらが諦めるを決して許し給もうことなかれ。
サタンとその堕天使らを追い払わんとする、われらの願いを聞き給え。
地上を御身の御憐みもて浄め、御身の霊もてわれらを包み込むよう、われら御身、愛する父に願い奉る。
獣を永久(とこしえ)に追い払う力を与えられし御身の最も聖なる軍隊を、われらをして編成せしめ給え。アーメン


平和のうちに行きなさい。
あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM