No.94

十字軍の祈り第94番―
心、体、霊魂の癒し
2013年1月15日  火曜22:50

おお愛するイエズス、御身(おんみ)の御声(みこえ)を聞かんとの望みと共に、われ、疲労、病、苦しみのうちにあるわれ自身を御見の御前(みまえ)に置かん。

われをして、御身の神なる現存を感じさせ給え。そは、わが心、体、霊魂が、御身の光に隈(くま)なく照らされんがためなり。

われ御身の御憐(おんあわれ)みに信頼し奉る。

われ、わが痛み、苦しみのすべてを御身の御前に明け渡し、御身を信頼する恵みをわれに与え給うよう願い奉らん。そは、御身がわが苦しみと闇とを癒し給い、われが再び回復し、真理の道を辿り、新しき楽園の生活に、御身がわれを導き給うを得んがためなり。アーメン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM