No.9

十字軍の祈り第9番―贈り物として苦しみを奉げる
2011年11月28日 8:30pm

おお至聖なるイエズスの聖心(みこころ)、われが御身の言葉を謙遜に、感謝とともに宣言するにあたり、御身の御名において侮辱を受け入れるべく、われを導き給え

屈辱、痛み、苦しみが、いかほどにわれをして御身の聖心(みこころ)に近づかしむるかを、われに教え、悟らせ給え

かようなる試練を、愛と心の寛大さもてわれに受け入れせしめ給え。そは、御身にとりていとも貴き贈り物として、救霊のためにこれらの試練を奉げんがためなり。アーメン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM