No.86

十字軍の祈り第86番―
疑いの苦しみよりわれを開放し給え
2012年11月27日  20:08

「''混乱し、自身なく、落胆せるわれは御身(おんみ)の御前に馳(は)せ参じ奉らん、愛するイエズスよ、御身がメッセージのうち宣言し給える真理についてわれは悩めればなり。

われが御身に不当に接したりしことあらば、われを赦し給え。

われが御身の言葉を聞くこと能わざれば、われを赦し給え。

わが眼(まなこ)を開かせ給え、そは、御身がわれに悟らせ給う必要ありしことを、われが示さるるを得んがためなり。

聖霊の力によりてわれが真理を示さるるよう、われ御身に嘆願し奉る。

われを御身を愛し奉る、親愛なるイエズスよ、またわれ、疑いの苦しみよりわれを解放し給うよう御身に請い願い奉る。

われが御身の呼びかけに応(こた)うるを助け給え。

もしわれが御身に背くことあらばわれを赦し、御身の聖心(みこころ)近くにわれを引き寄せ給え。

われを御身の新しき王国に導き、われに聖寵を与え給え、そは、わが祈りと苦しみによりて、われが御身の聖心にとってかくも貴き霊魂を御身が救わんとし給うを、われが助くるを得んがためなり。アーメン」

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM