No.8

十字軍の祈り第8番―告白
2011年11月22日 10:30pm

私、あなたたちの王にして救い主であるイエズスは、告白のための祈りを与える。

この祈りは、罪の寛大な赦しを願って、大警告の間、そして大警告の後に唱えられなければならない。

いとも信愛なるイエズスよ、わがすべての罪と、他の者に対してわれが傷と害とを与えしことを赦し給うよう、御身に願い奉る

再び御身に背くを避ける恵み、また御身の聖なる御旨に従いて償いを奉げる恵みを、われ伏して願い奉る。

犯すかもしれぬ、御身に痛みと苦しみをもたらす、未来のいかなる罪をも赦し給うよう、われ御身に嘆願し奉る

われをして、御身と共に平和の新しき時代へと行かしめ給え。そは、永遠(とわ)に御身の家族の一員とならんがためなり

われ御身を愛し奉る、イエズスよ。われは御身を必要とし奉る。われは御身と御身の御旨のすべてを敬い奉る。われが御身の御国に入(い)るにふさわしき者とならんがために、われを助け給え、イエズスよ

あなたたちの救い主
イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM