No.75

十字軍の祈り第75番―
わが苦しみを御身に合わせん、愛するイエズスよ
2012年9月4日  9:18

「イエズス、われはわが痛みと苦しみを、御身のカルワリオにての悶えのあいだに味わい給いし苦しみに合わせ奉る。

われ御身の茨の冠を被らせられ給いたるを敬い、われがこうむるすべての罵倒、言葉による攻撃を捧げ奉る。ピラトの前における御身の屈辱を敬い、われわれに対するいわれなき非難を捧げ奉る。

われがこうむるすべての身体的苦痛を、われ御身の柱にての鞭うちを敬い捧げ奉る。御身の御眼(おんめ)を引き裂きし茨の冠を被らせられ給える間の御身の身体的苦しみを敬い、われが受くるすべての侮辱を捧げ奉る。

われが御身に倣いし時、御身の御教(おんおし)えを伝えし時、また御身の御名によりてわれが嘲られしときには常に、カルワリオへの道においてわれをして御身を助けさせ給え。

われが思い上がりを排するを助け、またわれが御身、親愛なるイエズスを愛し奉るを恐れずに認むるよう助け給え。わが人生のすべてが希望無きものに思えしとき、愛するイエズスよ、御身がいかに進んで自ら、かくも恥ずべき残酷なる磔刑に甘んじ給えしかを思い出すことによりて、われが勇敢なるよう助け給え。

われが立ち上がり、わがために御身のなし給う犠牲をしのび、謙遜と痛悔の心もつ、真(まこと)のキリスト教徒、御身の軍隊の真の兵士にわれが数えられんよう助け給え。

わが手を取りて、愛するイエズスよ、いかにわれ自身の苦しみが、御身を愛する同じ心持つ者たちと共に御身の軍隊に加わるよう人を駆り立て得(う)るかを、われに示し給え。

邪悪なるものの圧政との最後の戦いにおいて、われが苦しみを受け入れ、そを霊魂を救うための捧げものとして御身に捧ぐるを得しめ給え。アーメン」

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM