No.66

十字軍の祈り第66番―
聖職者のため:御身の至聖なる言葉に忠実ならんがためにわれを助け給え
2012年7月16日  15:15

「おお愛するイエズス、常に御身(おんみ)の至聖なる言葉に忠実たらんようわれを助け給え。
敵をものともせずに、御身の教会の真理を擁護するための強さをわれに与え給え。
御身がわれに教え給いし仕方で秘跡を施行するための恵みでわれを満たし給え。われが命のパンにて御身の教会を養うを助け給い、またわれがそを禁じられし時にさえ、御身に忠実たらんようわれを助け給え。
神の言葉の真理を告げんがために、われが直面せんとする欺きの鎖よりわれを救い給え。
今の時、すべての御身の聖なる僕を御身の貴き御血(おんち)もて覆い給え。そは御身、われらの最愛の救い主なるイエズス・キリストへの忠誠において、われらが勇敢、忠実、堅固であり続けんがためなり。アーメン」

落胆してはならない、わが最愛の聖なる僕たちよ、争いは預言されてきたことであり、霊魂をめぐる最終的戦いにおいて起こらねばならないからである。

私はあなたたちを愛しており、もう一度すべての者の救いが達成されるようあなたたちがカルワリオへ向かう茨の道を私と共に歩くゆえ、私は今あなたたちと共にいる。

あなたたちの最愛のイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM