No.60

十字軍の祈り第60番―
大警告のあいだの家族の回心を願う祈り
2012年6月14日  木曜日18:08

おお、愛する甘美(かんび)なるイエズスよ、われ、わが家族(ここで家族の名前を挙げる)の霊魂への御憐みを請い願い奉らん。彼らの霊魂を闇の霊より救わんがために、われはわが苦しみ、わが試練、わが祈りを御身に捧げ奉る。

これらの者たち、御身の子らの一人として、御身を非難するを、あるいは御憐みの御手を拒むを許し給わざれ。御身の聖心(みこころ)と絡み合うべく彼らの心を開き給え、そは、彼らが、己(おの)が自身を地獄の火より救わんがために必要な赦(ゆる)しを求むるを得んがためなり。

彼らが、御身の御憐み(おんあわれみ)の光もて回心するを得んがために、償(つぐの)いをなす機会を彼らに与え給え。アーメン



神の子供たちよ、毎日、大警告に備えよ、それはいつでも起こりうるからである。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM