No.34

十字軍の祈り第34番―
イエズスへのわが断食の贈りもの
2012年2月22日  7:00pm

おおわがイエズスよ、人類を救わんがための御身の犠牲の生活に、われ自身のささいな業(わざ)によりて、われを倣(なら)わしめ給え。

四旬節を通し、全人類を救うために、週に一度の断食の贈りものを、われが御身に捧ぐるを得さしめたまえ。そは、彼らが地上の新しき楽園の門に入(い)ることを得んががためなり。

われ、心よりの愛と喜びもて、わが犠牲を御身、愛するイエズスに奉げ奉らん。

この犠牲もてわが愛の大きさを御身に示すことにより、恵みより落ちにけるやも知れぬすべての者の救いを、われ御身に乞い願い奉る。アーメン」
(2018年11月20日完成)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM