No.19

十字軍の祈り第19番―
若者たちのため
2012年1月13日  8:00am

乙女マリア:自分が何をしているか分らない若者たちのための祈りです。

わが子よ、大警告のあいだに死ぬ哀れな者たちのことを考えると非常に苦しむゆえ、今日の私は悲しみに沈んでいます。

あなたは、わが聖父(ちち)を怒らせているこれらの者たちのための緊急の祈りを願わなければなりません。彼らの振る舞いは、聖父の御眼(おんめ)に忌まわしいものです。

その多くが、自分たちがしていることをわからないでいる、闇の子どもたちのために、祈り、祈り、祈りなさい。

彼らの邪悪さは、わが聖子をお泣かせになり、その傷を悪化させます。できるだけ多くの者たちが、わが聖子の御憐みの御腕(みうで)の中に抱かれることが重要なのです。どうか、これらの哀れな子どもたちを救うために、私、救いの母にこの十字軍の祈りを唱えるよう願いなさい。

救いの母よ、恐ろしい闇の中にいる若者たちへの御憐みを求めて祈り給うよう、われ御身(おんみ)に願い奉る。そは、御身の最愛の御子(おんこ)が、全人類を救うために来たり給うとき、彼らが御子を認めんがためなり。

ひとりとて、路傍に倒るるを許し給わざれ。ひとりとて、御子の大いなる御(おん)憐みを拒むを許し給わざれ。

母よ、すべての者が救われんことを、また、欺くものより護られんために必要なる御保護を与えんがために、御身の聖なるマントもてこれらの者らを被い給わんことを、われ御身に願い奉る。アーメン」


わが子よ、すべての霊魂がわが聖子にとって大切なのです。でも、最もわが聖子を傷つけているのは、大罪のうちに在る若者たちなのです。

彼らの心と霊魂の闇を、御憐みの光が照らすよう祈りなさい。彼らが送る、恐ろしい堕落した、むなしい生活を彼らが拒むよう祈りなさい。彼らが手を差し出し、憐みを請い願うよう祈りなさい。さもなければ彼らは、新しき楽園に入るに必要な恵みを決して得られません。

大警告の賜物を受け入れ、地上の楽園であるニューエラに入る彼ら以外の者にとって、これらの若者たちはなんという喪失でしょう。もし、彼らが救われなければ、わが聖子の聖心(みこころ)は張り裂けるでしょう。

あなたたちの愛に満ちた母
天の元后マリア

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM