No.170

十字軍の祈り第170番―神の聖なる言葉を擁護するため
2014年10月8日 水曜日 21:10

私は、最後の十字軍の祈りをあなたたちに与える。それは司祭たちのための祈りである。私は、わが聖なる僕たちが、日々その祈りを唱えることを願う。



おお愛する主、わが最愛のイエズス・キリストよ、

われを抱きしめ給え。

われを護り給え。

御顔(みかお)の輝きの中(うち)にわれを保ち給え、わが唯一の咎(とが)が、真理―神の聖なる言葉を擁護することなる時に、わが迫害の強まらんがゆえなり。

われが御身に常に忠実に仕えんがための勇気を、われが見出だすを助け給え。

激しい反対に対し、御身の教えを擁護すべく戦うに際し、御身の勇気と強さをわれに与え給え。

われが窮地にあるとき、ゆめゆめわれを見捨て給うことなく、イエズスよ、秘跡と、またミサの犠牲(いけにえ)による御身の御血(おんち)と御体(おんからだ)の授与によりて、われが御身に仕え続けるに必要なすべてのものを与え給え。

われを祝福し給え、イエズスよ。

われと共に歩み給え。

わが中(うち)にとどまり給え。

われと共にましまし給え。アーメン


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM