No.167

2014年9月21日   日曜日    11:00


十字軍の祈り第167番―わが家族を護り給え

主イエズス:神がアダムとエバを創造したとき、神は、すべてを惜しげもなく与える自分自身の家族を望んだのだった。死すべき人間によって愛が最初に見出された場である故、神は常に家庭を護るために尽力するのだ。家庭に愛が栄えるなら、その国でも愛が栄える。相互愛というものが家庭から発するゆえ、家庭がサタンの攻撃を受けるのはまさにそのためである。サタンは、人々が家庭の一致を破壊するすべての理由を正当化するよう人々を支配し得るすべての影響力を駆使するのである。サタンは家庭が作られるのを阻(はば)み、神の意志であるべき家庭の再建を阻止しようとするのだ。

神の愛から生まれた家族は、常に悪から攻撃される。邪悪なるものからあなたたちの家族を護るために、どうかこの十字軍の祈りを唱えてほしい。

おお神よ、わが永遠の聖父(ちち)よ、御身(おんみ)の最愛の御子(おんこ)イエズス・キリストの恵みによりて、常にわが家族を悪より護り給え。

われらが悪意を克服し、御身に対する愛、また互いの愛の中(うち)にひとつとなるべく強さを与え給え。

われらが忍ぶすべての試練と苦しみの間われらを支え、われらがイエズスと一つになるため、われらの互いへの愛を保たせ給え。

われらの家族を祝福し、諍(いさか)いの時にあってさえ、愛の賜物をわれらに与え給え。

われらの家族の喜びを他人(ひと)と分かち合わんがため、また御身の愛が全世界で分かち合われんがために、われらの愛を強め給え。アーメン
」(2018年12月14日完成)


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM