No.16

十字軍の祈り第16番―大警告の間に与えられる恵みを受け入れるための祈り
2011年12月31日 12:00pm

大警告の間にイエズスによって与えられる恵みを受け入れるため、またイエズスの聖なる言葉を世間に向けて宣言することを約束するための、十字軍の祈り第16番を含む、マリア・ディバイン・マースィーへの私的メッセージの抜粋。


わが娘よ、大警告は、この世界へ向けてのわが聖なるメッセージの真正なことを証明することになるだろう。あなたは決して疑ってはならない。どんな形であれ、悪影響を受けた(contaminated)メッセージは一つもない。

大警告に向けて準備し、家族や子どもたちに、罪の赦しを願って小さな祈りを唱えるよう告げなさい。

これから私が世に示す大いなる憐みの業の最中、霊魂が強くあるよう助けるための、特別な十字軍の祈りを、今、与える。

おおわがイエズスよ、御身(おんみ)の大いなる御憐(おんあわれ)みのこの試練のあいだ、われを強め給え。御身の御眼(おんめ)において、小さき者となるに必要なる恵みをわれに与え給え。

御身の御約束(おんやくそく)、永遠の救いの御約束の真理に、わが眼を開かせ給え。

わが罪を赦し、御身の愛と友愛の御手(みて)をわれに示し給え。

われを抱きて聖家族の御腕(おんうで)の中へと引き入れ給え。そは、われら皆が再び一つとなることを得んがためなり。

われ御身を愛し奉るイエズスよ、また今日より世々に至るまで、われ心には恐れ無く、霊魂には清浄をもちて、御身の聖なる御言葉(みことば)を宣し奉らん。アーメン


起こらねばならず、さもなければ国々が互いに滅ぼしあうことになる、わが憐みの大いなる行いをゆめゆめ恐れてはならない。

人類のほとんどは回心するだろうが、今や、霊魂をめぐる戦いは激しさを増している。

あなたたちの愛に満ちたイエズス
全人類の贖い主

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM