No.152

十字軍の祈り第152番―無力感に苛(さいな)まれし時にわれを助け給え
2014年5月31日

愛するイエズス、無力感にさいなまれし時にわれを助け給え。

われに罪を免(まぬが)れしめ、欺(あざむ)くための悪魔とその業(わざ)に、わが眼、わが心、わが霊魂を開かせ給え。

われが心に憎しみを抱(いだ)くとき、御身(おんみ)の愛もてわが心を満たし給え。

われが悲しみに沈みし時にはわれをして御身の平和で満たし給え。

われが弱まりし時、御身の力もてわれを満たし給え。

われを囚(とら)われの牢獄(ろうごく)より救いだしため、そは、われが自由を得、御身の御腕(みうで)の中に抱(いだ)かれ安らうを得んがためなり。アーメン」

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM