No.14

十字軍の祈り第14番―父なる神に、核戦争からの保護を求める祈り
2011年12月14日 7:15pm

起こりうる核戦争からの保護を求めて、また救いを求めて、すべての者が父なる神に祈るために、イエズスからマリア・ディバインマースィに与えられた祈り。


おお全能の聖父(ちち)、至高なる神よ、すべての罪びとを憐み給え。彼らが救いを受け入れ、豊かな恵みを受け入れるよう、彼らの心を開き給え。

わが家族のための嘆願を受け入れ、家族一人ひとりが、御身の愛に満ちみてるみ心によりて嘉(よみ)されんことを確かなものとなし給え。

おお神なる天の聖父よ、地上の御身(おんみ)の子らを、あらゆる核戦争、あるいは御身の子らを滅ぼさんともくろむ他の行いより護り給え。

われらを害に遭わせ給わず、われらを護り給え。心に恐れを抱くことなく、われらが目を開き、聞き、救いの真理を受け入れることを得んがために、われらを照らし給え。アーメン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM