No.136

2014年2月22日   土曜日    18:35

十字軍の祈り第136番―御身の言葉を守るため

「親愛なるイエズス、われをして御身(おんみ)の言葉を聞かさしめ給え。われに御身の言葉を生かさしめ給え。御身の言葉をわれに伝えさしめ給え。われが真実を擁護したることによりて迫害を受くる際、さらに真実を擁護する力をわれに与え給え。御身の言葉が御身の敵によりてかき消さるる際に、われをして御身の言葉を生かし続けさせ給え。わが失望に際し、われに御身の勇気を感じさせ給え。われが弱りし時には御身の力もてわれを満たし給え。地獄の門のわれに勝りしとき、御身の至聖なる御旨(みむね)に忠実たらんがために、われに威厳を保つ恵みを与え給え。アーメン」''

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM