No.127

十字軍の祈り第127番―わが霊魂と、わが愛する者たちの霊魂を救うため
2013年11月18日 月曜日 20:10

おおイエズス、われが恥じ入ることなく御身(おんみ)の御前(みまえ)に立つことを得るがために、われを相応しき者たらしめ給え。われとわが愛する者たち(ここで愛する者たちの名前を言う)が、すべての悪しき行いを告白する準備をなさしめ給え。われらの欠点を認め、われらのすべての罪の許しを請い、われらが不当に扱いし者たちに愛を示し、救いのための御憐みを乞い、御身の御前にわれらを謙遜ならしめる準備をなさしめ給え。そは、大いなる照らしの日に、わが霊魂と(ここで愛する者たちの名前を言う)の霊魂が清くあり、御身の御(おん)憐れみが、わが霊魂に満ち溢れんがためなり。アーメン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM