No.119

十字軍の祈り第119番―イエズスの愛を感じるため

主イエズス:あなたたちの一生は、あなたたちの全体の存続期間の中では、ほんの一瞬にすぎない。あなたたちは亡命の身である。真理は未来に存在し、その時あなたたちは本来の状態で、ついに神なる故郷(ふるさと)へと帰るのだ。人間にとって、地上のかくも多くの娯楽、誘惑、闇に面と向かいながら私の近くにとどまるということが、いかに困難なことかを私は理解している。

あなたたちが私を、あるいは私の愛を感じられない時、私はあなたたちにこの「十字軍の祈り第119番―イエズスの愛を感じるため」を唱えてほしいと願っている。

イエズス、われを助け給え。われはかくも混乱したればなり。
わが心は御身に開かれず。

わが眼は御身を見るここと能(あた)わず。

わが心は御身を受け入れることなし。

わが口は御身に対する慰めの言葉を語ること能(あた)わず。

わが霊魂は闇に包まれたり。

われ、哀れな罪びとを憐み給え。

御身のましまざれば、われは無力なり。

われを御恵(おんめぐ)みで満たし給え。そは、われが御身に助けを求め、御憐(おんあわれ)みを乞い願う勇気を得んがためなり。

御身を愛しながらも、もはや心が、真理を悟り受け入れるべく愛に揺り動かさるることなき、御身の彷徨(さまよ)える弟子なるわれを助け給え。アーメン
」(2020年5月15日完成)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM