闇の教義―わが教会の子として生まれる大いなる背教―は大いなる濃霧のようにして覆う

闇の教義―わが教会の子として生まれる大いなる背教―は大いなる濃霧のようにして覆うだろう
2013年9月14日 土曜日 3:00am

わが親愛なる最愛の娘よ、私はあなたたち中の声であり、私は背教を広める指導者たちや、世界の四隅を支配する者たちの間に、私自身の言うことを聞かせようとする。

闇の教義―わが教会の子として生まれる大いなる背教―は大いなる濃霧のようにして、すぐにも、不意に、全キリスト教徒の上を覆うだろう。真理を抑圧する計画ははじまり、まもなく、歪曲されたわが聖なる教義は、あなたたちの中の多くの者にとって明らかになることだろう。だが彼らが真理を虚偽に変える一方で、聖霊はわが敵どもに対して立ちふさがるだろう。前代未聞の大いなる背教の指導者たちが世にもたらす全くの混乱のさなかでさえ、私の光は依然として見えるだろう。世界が、私、イエズス・キリストへの愛の無い、異教の世界となるまで、彼らは休むことはないだろう。

世俗社会は、それぞれの人間が自分の欲望、願望に従うよう勧められる、まさにそのような場となるだろう。聖霊の存在をはぐらかすあらゆる試みがなされるだろう。彼らは、十字架上のわが苦しみを否定し、自分自身を私に対して贖う者に、またわが憐みを願う者なら誰にでも与えられる救い、その救いを得る必要性の意義を否定する。彼らは神の子どもたちを、私や私の教えに関する虚偽で強制的に養うだけではなく、その虚偽に意義を唱える者たちを迫害するだろう。

わが教会の指導者たちにたてつく教会内部の者たちは、冷酷に扱われ、ひとかけらの憐みも示されないだろう。それがわが教会を表しているという者たちから偽りの教義を受け入れながらも、内心ではそれらの教義が私からのものであるはずがないと知る者たちは、その時、私があなたたちを助ける。私は、あなたたちを導きながら、あなたたちを慰める。あなたたちは決して真理を否定してはならない、あるいは、もし彼らがわが敵どもと良好な関係を保ち得る者たちであるならば、権力欲のために私の名によって虚偽を口にする彼らに決して屈してはならない。

あなたたちが真理を否定されるゆえをもってしてのみ、私は今、あなたたちに真理を示しに来るのだ。そのことが起こる時、あなたたちは真理なしには生き残ることができない他の者たちに、真理を伝えることが許されないだろう。

あなたたち自身の霊魂のために憐みを求めて祈りなさい、そしてわが敵どもによって重大な誤りへと導かれてゆく者たちのために祈りなさい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM