邪悪なる者たちを私が罰するのは、嘘に汚染された無垢なる者たちを救う


マリア・ディバインマースィー

神なる父:邪悪なる者たちを私が罰するのは、嘘に汚染された無垢なる者たちを救うためである
2012年10月28日   日曜日 18:00
 

わが親愛なる娘よ、神の知識はわが子供たちの中の僅かな者たちによってのみ知られ、その場合でさえ、私はある者たちにだけそれを悟ることを許す。多くの者たちにとってわが聖なる言葉を理解することは困難なことだが、しかしそれは極単純なものなのだ。

私はわが子供たちを愛している、だが、彼らは、アダムとエバがわが神なる王国への権利を失ったときに、私からさらわれてしまった。あらゆる名誉と愛とを与えられた、嫉妬に狂った蛇に誘惑され、わが子供たちは、地上の栄光に満ちた王国に背を向けたのだった。二人は永遠の命に背を向け、そのために彼らの全ての子供たちが、世代に世代を継いで苦しむことになったのだ。

それからわが息子が、わが子供たちを罪から解放することで永遠の地獄から彼らを救うために遣わされた。今、彼は、本来の、原初の楽園を地上に実現するためにやって来る。

わが娘よ、今、霊魂をめぐる戦いの準備は進められている。私は特別な恵みを与えていると、わが子供たちに告げよ。

この恵みは、彼らが天罰が和らげられるよう祈るとき、彼らに特別な力が与えられる。祈りと祈願によって、わが子供たちは、私に背く無宗教の者たちの霊魂を救うことができるのみならず、獣のために語る者たちを阻止するために振り下ろされるわが手を押しとどめることができるのだ。

私は重い心でわが子供たちを罰する。私がそうするのは、恐ろしい悪を生じさせている者たちを単に罰するだけではなく、彼らが嘘によって霊魂を盗み取るのを阻止するためである。邪悪なる者たちを私が罰するのは、嘘に汚染された無垢なる者たちを救うためである。わが子供たちは、すべての者たちのために強くあらねばならない。

祈りは、獣を打破する武器である。獣の支配が終わらされるのは、戦争によるのではない、高位に選ばれた者たちの権力によるのではない、あるいは地上のわが教会を導く者たちによるのではない。世が救われるのは、私、至高なる神に忠実なる者たち、そしてわが聖子(こ)、イエズス・キリストをメシア(救い主)として受け入れる者たちの信仰によるのだ。

あなたたち、わが忠実なる子供たちは、すべてのわが子供たちの救いの鍵となるだろう。あなたたちの祈りは聞かれるだろう。罪人を救うためのあなたたちの祈願は聞き容れられるだろう。私はあなたたちを愛している。私は、あなたたちがわが聖子に示す愛に感謝し、あなたたちを祝福する。

あなたたちの愛に満ちた父
至高なる神

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM