連祷No.2

イエズスより人類への連祷 No.2:抗体(抵抗力)の恵みを求めて




おお、至高なる天の父よ、
われ御身(おんみ)を愛し奉る。
われ御身を敬い奉る。
主あわれみ給え。
主われらの罪を赦し給え。
われ御身を崇め奉る。
われ御身を賛美し奉る。
御身の特別なる恵みに感謝し奉る。
われ、わが愛する(ここで名前を挙げる)のために、抗体の恵みを御身に請い願い奉らん。

われは御身に変わらぬ忠誠を捧げ奉る。
おお、御身、至聖なる父、
万物の創造主(そうぞうしゅ)、
全世界の創造主、
人類の創造主、
御身は万物の源(はじめ)なり。
御身は愛の源(みなもと)なり。
御身は愛なり。

われ、御身を愛し奉る。
われ御身を敬い奉る。
われ御前(みまえ)にわれを明け渡し奉らん。
御身を知らざる者たち、
御身を敬わざる者たち、
御身の御憐(おんあわれ)みの御手(みて)を拒みたる者たちに、
われ御身の御憐(おんあわれ)みを乞い願い奉る。
われ、心と体、霊魂においてわれ自身を御身に捧げ奉る、
そは、御身が悪からの避難所たる御腕(みうで)の中(うち)に、彼らを抱(きだ)き給えるを得んがためなり。
御身がわれらすべての者のために遺されし遺産によって、
すべての御身の子らがついに一致せんがために、われ御身が楽園の門を開き給うよう御身に願い奉らん。アーメン。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM