言論の自由が取り去られるとき、真実は隠蔽される

マリア・ディバインマースィー
言論の自由が取り去られるとき、真実は隠蔽される

2012年11月30日  3:55pm

わが愛しき最愛の娘よ、束縛なく語ることを人々に許す国々の自 由が終わるという預言が成就しようとしている。

2011年1月1日 にあなたに与えたメッセージで、私は、メディアを通じた人々の声は、隠され、消去されるだろうとあなたに語った。

メディアの自由な声が沈黙させられるとき、その時あなたたちは、 独裁制の中に自分たちが生きていることを知るのだ。

メディアのコントロールよって、多くの変化が国々に強いられて いる。言論の自由が取り去られるとき、真実は隠蔽される。国から国へと、異端者によって押し付けられる虚偽が流入することだろう。

「真理の書」は、人間が神の愛を知り自由を見出すために真理へ と導かれるべく、世界に与えられている。

あなたたち自身の選択の自由は、エリート集団によって取り去 られようとしている。あなたたちは屠殺所に牽かれてゆく羊のようであり、あなたたちのうちの多くの者たちが迷い、真理に対して盲目となるだろう。自由は、御自分の子供たちの自由意志を敬う神によってすべての人間に与えられた賜物である。

自由意志によって、あなたたちは様々な選択をする。それらの選択 の中には、わが父が眉をひそめるものもある。だが、わが父は、決してあなたたちの自由意志には干渉しない、わが父は、自由意志をあなたたちから取り去ることはできないし、また取り去ることもしない。

サタンの奴隷たちは、常にあなたたちの自由意志を取り去ろうとする。彼らは、統治する国民の自由をとり去るよう国々をそそのかすことによってそうする。彼らは、色々な理由で、自由意志を取り去るのだ。一つの理由は、彼ら自身の利益のために、あなたたちを隷属させるためだ。第二の理由は、人口増加を抑制するためだ。第三の理由は、あらゆる神の痕跡を払しょくするためである。

わが十字架の死以来、この計画は多くの国々で見られてきた。し かし、西側世界は、何とかして専制政治を免れてきた。このことは、今、すべて変わるだろう。

す べての国は、他の国によってとって代わられるだろう。国々は、権力を求めて互いに戦うだろう。多くの国々が、法律を施行し始めるだろ う。その法律とは共産主義同然のものである。

そして、赤い竜と熊がすべてを支配する時が来るだろう。しかし、 この専制政治は、公には隠されているゆえ、多くの人々はこのことに気付かないだろう。

こ とを知りなさい。神の名を消し去る試みが根付いた時、そして、あなたたちが虚偽の奴隷となるとき、その時、わが父は打つ。

世界の三分の一は消し去られ、神の介入は最後の日まで続くだろ う。

真 実があなたたちから隠されることになる、あなたたちの国々で施行される邪悪なる法が減るようにあなたたちは、この、十字軍の祈り第87番を唱えなければ ならない。国々を悪から護るために。

国々を悪から護る 十字軍の祈り第87番

「お お父よ、御子(おんこ)のために、共産主 義よりわれらを救い給え。

わ れらを専制政治より救い給え。

不 信仰よりわれらの国を護り給え。

わ れらの子供を害より護り給え。

わ れらが神の光を見るを助け給え。

御 子の教えに、われらの心を開かせ給え。

す べての教会が、神の言葉に真実であり続けるべく助け給え。

わ れらの国が迫害より護られんことを、われ御身(おんみ)に請い願い奉る。

わ れらいかばかり御身に背きしも、親愛なる主よ、われらを御憐れみもて見そなわし給え。

人 の子イエズスよ、御身の貴き御血(おんち)もてわれらを包み 給え。

邪 悪なるものの罠よりわれらを救い給え。

愛 する神よ、今この時、悪が世界を変えることに干渉し、阻止するよう御身に嘆願し奉る。アーメン。」

祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい、今この時、地上のすべての 国々の前に罪深い法律がもたらされている、その速度に悲しむ父のみ心のために祈りなさい。

この荒廃がやわらげられるために、私に希望を置き、祈り、信頼し なさい。神の子共たちの一人でも多くが、常に目を開いているように、そして、わが教えに忠実でいるよう祈りなさい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM