虚偽は、たいていの場合、良いことを装ってくる

虚偽は、たいていの場合、良いことを装ってくる
2013年6月6日4:00pm

わが愛しき最愛の娘よ、地上に愛が増えることをどんなに私は願っていることか。そうすれば人間は、わが父が命じられたように隣人を真に愛し、戦争もなくなるだろうに。

戦争は、一(いつ)なる真の神への信仰がなくなった結果、起きるのだ。戦争は、恐れ、憎しみ、傲慢によって引き起こされ、それらすべてはサタンの力によって掻き立てられる。多くの者たちが神から離れ、栄光に満ちた永遠の生命に対する霊魂の準備、それに必要なことを拒んでいるので、彼らはさらに誤りに陥ってゆくだろう。彼らが真理を見ることができなければ、嘘を信じやすくなる。虚偽は、たいていの場合、良いことを装ってくる。虚偽は、望ましい行為、正当な行い、楽しみ、そして当たり前のことにとって代わるもの、を装う。

悪がそのまま悪と見えることは稀(まれ)である。それはサタンが人間を欺こうとするやり方ではない。彼―邪悪なるものは、弱い者たちの言葉、態度、行いにその働きが見られるが、慎重に自分自身を現さないようにしている。彼は、囚われた哀れな者たちを通して、面倒見の良い、愛想のよい印象を与え、常に見かけで人をひきつける。狡猾なるもの、サタンは誘惑によって人間を悪の行いに誘い、それを人の最も傷つきやすい弱点を襲うことで行うのだ。普通サタンは人間の感覚を通して誘惑するのだが、同時に信仰において真理を求めているたちをも誘惑する。それは彼、サタンが、悪を良いものとして受け入れることになる罠に人々を引き込む時である。

何かが間違っているのではと思い、彼らが落ち着かず、不安に感じるのはまだこれから後の段階でである。その時までは、隣人への憎悪と無関心は彼らの心の中で増幅しtゆくだろう。彼らは、神の名によって始めるそれらの運動―神を侮辱するものだが―が、神の栄光のためだと信じるのだ。

神の名によって戦争が始められるとき、この世の軍隊が忠誠を誓うのは大抵の場合、神に対してではない。彼らが諸国民を殺戮しながら、神を賛美するとき、彼らは自らを神から引き離し、獣の側につくのだ。

獣は今の時点で、二つの方法で人類の破滅を画策している。最初は、彼は堕胎、殺人、戦争によって命を滅ぼしている。二番目には、私、イエズス・キリストとわが最愛の父を敬うすべての教会を破壊するために、彼は地上のわが教会を攻撃している。それによって彼は霊魂を盗み、彼らが真理に従うことを妨げ、わが王国を受け継ぐことを妨げるのである。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM