聖職者への呼びかけ―久しく待望されたわが地上への再臨にわが群れを備えさせよ

マリア・ディバインマースィー

聖職者への呼びかけ ―久しく待望されたわが地上への再臨にわが群れを備えさせよ
2012年1月27日    金曜日  23:50

わが親愛なる娘よ、あなたたちが私のために働くとき、あなたたちは迫害されるということを決して忘れてはならない、この、終わりの時に私があなたたちに示す真実を人間は聞きたくはないからである。

わが聖なる言葉は長らく抑え付けられてきたが、もはやそういうことはなくなる。

わが声は世界中で聞かれるだろう。わが栄光のうちにわが愛が示され、人間はその足首にサタンがはめた悪の足枷(あしかせ)から終(つい)に自由になるだろう。

真実がわが子供たちの霊魂を貫き、かくも久しいあいだ待ち焦がれていた自由をもたらすとき、残念なことではあるが、それは分裂を惹き起こす。

聖なるカトリック教会の、わが最愛の聖なる僕、司祭、そしてすべての聖職者たちよ、私があなたたち皆を愛しているということを知りなさい。

あなたたちのかくも多くの者たちが、心の寛大さをもって自らの人生を私に捧げた。今あなたたちは私に頼る必要がある。

あなたたちは、信仰に強く留まるための導きと、識別を願っていつも祈らなければならない。

一瞬たりとも私から眼を離してはならない。

私は、あなたたちが久しく待望されたわが地上への再臨にわが群れを備えさせることを必要としている。

あなたたちは忍耐を貫く必要があり、どんなに大きな圧力の下にあろうともあなたたちの私への愛を思いとどまらされることがあってはならない。あなたたちはわが真の弟子たちである、私は、わが教会を救うために武器を取るようあなたたちを促さねばならない。この、わが最愛の弟子ペテロによって岩の上に建てられた真の教会は、決して衰退することはないだろう。

敵はわが教会が破壊されたと思うだろうが、それは愚かな思い込みだ。

だれもわが教会を破壊しないし、また破壊できない。それは、私が地上のわが王国を回復するために帰るときに、わが栄光を宣言するために灰から立ち上がるだろう。あなたたちは私、あなたたちの最愛の救い主を決して見捨ててはならない、決して。

私なしには光はないからである。光なしには未来はない。

わが娘よ、カトリックの聖職者が唱えるために、私はこの十字軍の祈りを世に与える。

十字軍の祈り第22番―教会の教えを擁護すべきカトリックの司祭「おおわが最愛のイエズス、われを強め、一日を通して常に、御身(おんみ)へのわが愛の炎を燃え立たたせ給え。御身に対するこの愛の炎が揺らめくを、あるいは消え入ることをゆめゆめ許し給わざれ。わが召命を、わが信仰を、わが忠誠を敬い、また正統なるカトリック教会の教えを擁護するために必要な恵みをわれに与え給え。われ御身にわが忠誠を常に奉げん。御身の軍隊として戦うことをわれは固く約束し奉る、そはカトリック教会が、御身が再び来り給うときに、御身、愛するイエズスを迎えんために、再び栄光のうちに蘇ること能(あと)うがためなり。アーメン

あなたたちの最愛の救い主
イエズス・キリスト
人類の王

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM