私はあなたたちの教師である、私によってあなたたちは、わが最後の神聖な計画の

マリア・ディバインマースィー

私はあなたたちの教師である、私によってあなたたちは、わが最後の神聖な計画の玄義を悟るだろう
 2013年2月8日 金曜日   23:45
 

わが親愛なる娘よ、もし人々が、わが王国において永遠の命の賜を与えられるあなたたちに加わることになる,死者や聖人たちを甦らせるという、私が人類に与える賜をはっきりと理解するならば、その時あなたたちはこの非常に特別な恵みを真に悟ることだろう。

地上で愛する者を亡くすということは、大変悲しいことであり、悲嘆の苦しみをもたらし得る。だが、あなたたちはが聖寵の状態で死んだ者たちと一緒になるというわが約束は、真に栄光に満ちた方法で神の子どもたちを一つにするだろう。

家族が一つとなるのだ。愛する者たちが共に集い、このこと自体が大いなる祝賀となるだろう。祝されて、永遠の命を賦与されるわが新しき楽園に連れてゆかれる者たちすべてが、わが大いなる賜のその大きさに驚嘆することだろう。

死に対して備えなさい。死を恐れてはならない。だが、天国へ行くことは簡単なことではないということを知りなさい。多くの霊的準備が求められる。あなたたちが、わが再臨を境にあなたたちを待ち受けている素晴らしい生活を悟るなら、その時あなたたちはあなたたちに求められるものを理解するだろう。

今の時、あなたたちはわが指示に従うだけではなく、私に関心がない者たち、自分自身の霊魂を救いたいと、自らを私の前で贖いたいと、あるいは秘跡を受けたいと思っていない者たちの霊魂を私が救うのを、あなたたちは責任をっもってその手助けしなければならないのだ。それは彼らが、彼らの日常生活からわが存在を意識的に排除する決断をしたことにゆえなのだ。私は彼らがぼんやりと意識する存在―彼らの理解の及ばないある霊的概念なのだ。その理由は、もし彼らがわが王国にふさわしい者となるなら、そのために必要となる、「変わること」に関心がないからなのだ。

これらの失われた、生ぬるい者たちこそわが最大の懸念である、なぜならその数は大きく、彼らは私から徐々に遠くへ、遠くへと押し流されてゆくからである。私は彼らの霊魂を焦がれている。私が彼らを勇気づけることのできる唯一の方法は、彼らの気を引くために最先端のコミュニケーション手段を通してだ。全ての石はくつがえされた。彼らを私のもとに連れて来るために、私は力の限りすべてのことを行う。

そして最後に、自らの過失ではなしに、私について全く聞いていない者たちがいる。わが十字架の死について何も知らない者たち、あるいはそれが自分たちの存在、その未来に与える影響について何も知らない者たち。私は彼らに真実を示す必要があるのだ。私は彼らに教える必要がある。私はわがメッセージを単純にする必要がある。私は彼らに霊魂の存在を証明する必要がある、そしてあなたたち、わが軍隊は、私がそうする手助けをするのだ。

すべての者の救いにおいてあなたたちに求められる多くの仕事がある、そして私、あなたたちのイエズスが、それらの仕事がいかにして成し遂げられるかをあなたたちに示す。私があなたたちにより細かい指示を与えよう、その仕事がどんなに不可能に思えても、あなたたちがわが呼びかけに応えてくれるよう望んでいる。

私を愛しなさい、私を信頼しなさい、私はあなたたちの教師であり、私によってあなたたちは、わが最後の神聖な計画の玄義を悟るからである。その時、全ては成され、この世はわが栄光の帰還に対する準備ができていることだろう。

あなたたちの最愛の教師
イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM