私はあなたたちに願う。再び私を磔刑に処することなかれ

マリア・ディバインマースィー

私はあなたたちに願う。再び私を磔刑に処することなかれ
2012年3月30日    金曜日  13:00

わが親愛なる娘よ、神の子供たちすべてが、なぜ世を永遠の地獄から救うために私が死んだかを理解することは重要である。アダムとエバの堕落以来、サタンは人間の心を支配してきた、それはサタンが霊魂を首尾よく盗んできたということである。人類の大半が神の言葉を、とりわけモーゼによって人類に与えられた十戒を受け入れようとしない。

そして、世が真理を受け入れ父に立ち返るだろうとの期待の元に、人類には真理が当たられたのだということを確認させるために私が送られた。

多くの者たちがわが至聖なる言葉を受け入れた一方で、大半の者がメシアとしての私を受け入れることを拒んだのだった。

彼らは、自らの霊魂を捕えた罪の中に生きることに甘んじていたゆえ、預言者を含む誰をも断じて受け入れなかったというのが真実である。

もし彼らが私を受け入れていたなら、私は地上を統治し、全人類は永遠の救いを享受していたことだろうに。

実際は私は拒絶された。

わが民、ユダヤ人は私をひどく嫌った。

ファリサイ人は私を蔑(さげす)んだが、にもかかわらずわが聖なる言葉を耳にしたときには簡単に私を無視はできなかった。

それはわが言葉が彼らの心に光を投げかけ、彼らはそれを退けることはできなかったからだ。

その結果、彼らは私に問い掛けるべく何度も私の元に足を運んだのだった。

今日でも同じことだ。あなたたちの中で、わが預言者を通して語られるわが言葉を公けに否定する者たちは、簡単に無視することができないでいる。あなたたちが公けに拒んでいるにもかかわらず、あなたたちは何度となく戻って来るのだ。

やがては、あなたたちは、今日あなたたちに語られているわが言葉を受け入れるのだ。

私を拒むだけではなく私を磔刑に処した者たちと同じ誤りを犯してはならない。

私はあなたたちに願う。再び私を磔刑に処することなかれ。

今、救いとわが新しき楽園にあなたたちを備えさせるために天から呼びかける私に耳を傾け、私にあなたたちを導かせてほしい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM