神の子どもたちの母としての私の役割は、徐々に弱められています

マリア・ディバインマースィー
救いの母:神の子どもたちの母としての私の役割は、徐々に弱められています
2014年10月27日  月曜日    16:20


わが子よ、このミッションを、そして世のためにわが永遠の聖父によって認可された他のミッションを護るために、毎日ロザリオを忘れずに祈ることは大事なことです。

この時代、信仰を持つキリスト者が、私、汚れなき乙女マリア、神の母への信心を表明し続けることは非常に困難なこととなるでしょう。神の子どもたちの母としての私の役割は、徐々に弱められ、見捨てられています、とりわけわが息子から来たものではないあるカトリックの集団(複数)によって。そのようなグループはわが息子の教会の熱愛者を装いながら、その実わが息子の教えを実践してはいません。彼らは、真理を擁護する者たちを迫害し、また、わが息子の十字架上の死以来人類に与えられてきたあらゆる種類の私的啓示をばかげたこととして退けるためには何でもするのです。もしキリストのメッセンジャ―としての私、神の母によって世に与えられてきた私的啓示が無ければ、多くの者たちは決して真理に回心することはなかったでしょう。代わりに、多くの者は闇の中を歩み続け、神の存在を否定し、それが開かれたなら霊魂を照らすドアとなる祈りを避け続けてきたことでしょう。私の神の母としての役割は、邪悪なる敵を滅ぼすために私に与えられた力のために、世界中で攻撃されております。前もって言われた通り、私は蛇の頭を打ち砕くでしょう、でも私への信心を表す者たちは、自らを厚かましくも教会の教えの専門家だと言う詐称者たちによって軽蔑され嘲(あざけ)られるのです。

わが息子は、人間が兄弟に示すいかなる憎悪をも忌み嫌います。わが息子は、わが息子の教会を代表するという者たちのだれであれ、わが神の子どもに対して憎悪を抱くとき、涙を流します。わが息子は、彼の教会の僕が他の者たちを傷つけるとき、あるいは無垢なる者たちに酷い苦しみをもたらすたびに苦しむのです。

子どもたちよ、あなたたちは、その創立以来最大の攻撃にさらされているわが息子の教会のために懸命に祈らなければなりません。わが息子の敵たちにはわが息子の教会を破壊するための幾多の計画があります、その大半は教会を内部から破壊する計画です。私の警告、また私がファティマで世に示した警告に心を留めなさい。敵は待機しており、まもなく彼は地上のわが息子の教会を完全に支配し、多くの者たちが誤りへと導かれるでしょう。

わが息子の僕たちが神の言葉を擁護することに対し、軽蔑や嘲りが浴びせかけられるとき、耳を塞ぎなさい。神からは愛だけが発するのだということを常に思い起こし、ある者が何をしたかに関わりなく、その人を裁くよう促すいかなる人間、組織も疑わなくてはなりません。他の者を中傷するよう人々に言いながら、自分自身を神の僕だということはできません。あなたたちはいかなる種類の憎悪を駆り立てるものも大目に見てはなりません。わが息子の名によって憎しみを大目に見る者は誰であっても憎しみを増長させてはなりません、憎悪は神から来るものではないからです。邪悪なるものを粉砕するためにわがロザリオはできるだけ頻繁に祈られなければなりません、邪悪なるものは、いかなる残虐行為も正当化される時代にあってこの世を支配するのです。

人間の兄弟愛はなくなり、キリスト者の間の愛は弱まってしまいました。あなたたちは真理に眼を開き、わが息子があなたたちに教えられたことを自分自身思い出さなければなりません。それは昼のように明るいものです、それは聖書で読むべく世のために書かれたものなのです。

あなたたちの最愛の母

救いの母

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM