神の全能の契約に公然と反抗する忘恩の子供たちが増えることにわが聖父の怒りは

マリア・ディバインマースィー
神の全能の契約に公然と反抗する忘恩の子供たちが増えることにわが聖父の怒りはつのる
2013年11月4日 月曜日   16:00

わが親愛なる娘よ、神の子どもたちは、わが最愛の聖父と邪悪なるものの間で行なわれている戦いの重大さを悟る必要がある。すでに繰り広げられているこの大いなる戦いの激しさをそもそも理解している者は、あなたたちの中でほんの僅かである。天の天使たちは、地上のわが聖父の敵どもを滅ぼすための戦いを始めている。戦いが激しさを増すにつれ、それはいたる所で霊魂を巻き込む。とりわけ、闇の中にいる者たちや真に私を知らない者たちをそそのかして、生命の書にその名が記されている者たちに戦いを仕向けさせるのだ。私を知らない者たち、私を信じていない者たち、わが聖父を信じていない者たち、そしてサタンが存在することを信じていない者たちは、地上で二つのキリスト教の集団(Army)が衝突するのを傍観することになるだろう。これら両陣営はキリスト教教会の中に存在する。両陣営のキリスト教徒は大迫害を受け、彼らは私を捨て去るよう促されてあらゆる方向に引かれてゆくだろう。

無垢なる者たちは神の敵どもによる自分たちに向けられる憎悪で傷つけられ、サタンはその憎しみに満ちた計画において両陣営の者たちを手先として用い、そのことで地上に恐るべき荒廃をもたらすだろう。荒廃は、人間の罪によって、また人間の私への裏切りによってもたらされるのだ。彼らが神によって定められた掟を変える決定をするときに、神に対する彼らの拒絶が表に出、その結果彼らは自分たちの罪深い生活を受容することができるようになるのだ。これはおそろしい罰を招く結果になるのだということを知りなさい。

神の全能の契約に公然と反抗する忘恩の子供たちが増えることにわが聖父の怒りはつのる。わが再臨の準備をしている者たちは、いわば牢のようなものに閉じ込められて、そこで虚偽を受け入れるよう強制される。異端を受け入れることを拒めば、なお無理強いされ、揚句の果ては教会から追い出される。間もなくわが言葉は忘れ去られるだろう。私があなたたちに警告したことはすべて、私が言ってきた通りそのまま起こる。真理に盲目な者たちはむしろ虚偽に生きるだろう、それらの虚偽は、彼らに提供される生き方においては非常に魅力的であるからだ。

信徒全体に、教会の新しい法令の一部として異端が示されるだろうが、その法令は私とは関係のないものだ。すべての者たちが快哉(かいさい)を叫んでそれを受け入れるだろう、彼らは告げられてきた大いなる日に向けての日々に対して警戒をしていなかったからだ。あなたたちは今、その日に備えなければならない。地上のわが教会内で、幾多の形でわが神性に対して意義が唱えられるとき、あなたたちは立ち去らなければならない。わが敵どもと闘っても、あなたたちに勝ち目はない。彼らの霊魂のために祈りなさい、そしてあなたたち自身の霊魂を備えなさい、間もなくすべては過ぎ去るからである。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM