神の光は、あなたたち一人ひとり、すべての者の中に存在する

マリア・ディバインマースィー

神の光は、あなたたち一人ひとり、すべての者の中に存在する
2012年10月6日   土曜日 23:05
 

わが親愛なる娘よ、真に私を愛するためには、あなたたちは他人(ひと)をわが眼によって見なければならない。

あなたたちが他の者たちを見るとき、注意深くわが存在を見るよう努めなさい、私は、すべての霊魂の中に存在するからだ、たとえ汚れ切った霊魂であってさえも。

私は霊魂の中にいる。注意深く見なさい、そうすればあなたたちには私が見える。これは、わが永遠の父がご自分の子どもたち一人ひとりにお与えになられた最も素晴らしい恵みの一つだ。

神の光は、あなたたち一人ひとり、すべての者の中に存在する。それは愛であり、各人は愛する能力を有するのだ。

あなたたちがわが眼を通して他の者たちを見るなら、あなたたちは愛を感じ、その愛はあなたたちの霊魂に、抗うことの出来ない形で触れるのだ。この愛は実在するものだが、あなたたちにはそれを見たり、あるいは触れたりすることはできない。また、あなたたちは、それを他人に説明することの難しさをも知るだろう。しかし、それは存在するのだ。

もし、すべての神の子供たちが、この世での、ご自分の子供たちの中での、わが父の神としての現存を敬うことができたなら、その時には地上を平和が統治することだろう。

いま私があなたたちに語ることについて熟考するための時を割きなさい。神の愛の光は、それぞれの霊魂の中でかがやく一つの星の様だ。ある者の場合、それは明るくかがやき、その人間から発する愛があなたたちを包み込むのを感じるだろう。他の人間の場合は、感じることの難しいかすかな光だが、それでもそれはその人間の中に存在するのだ。

あなたたちが互いを見るときに、そのことを次の様に考えなさい。神は各人を創造した。神の眼に、あなたたちは兄弟姉妹である。神の子供たちが互いに愛と尊敬を示すのを見るとき、それは神に大きな喜びを与える。

神の子供たちが互いに争い、互いに困窮と苦しみをもたらすとき、神はひどく苦しむ。どんな親もそうであるように、子供たちが神の愛―それによって彼らが創造された愛を共有しないなら、神は傷つく。あなたたちが互いに傷つけあうとき、あなたたちはわが父を傷つけているのだということもまた覚えておきなさい。この次にあなたたちが他の者を厳しく裁くとき、あるいは他の者に憎しみを向けるとき、思いとどまりなさい。あなたたちがそのようなことをするとき、それはわが父を不快にするのだ。もし誰かがあなたを傷つけるなら、それらの者たちのために祈りなさい。もし二人の人間の間に緊張があり愛の存在を欠くなら、それは邪悪なる霊によって引き起こされることだからだ。その試みに打ち克ちなさい。他人(ひと)を愛しなさい。彼らに敬意をもって接しなさい。神の眼をもって彼らを見なさい。あなたたちがそうするなら、愛を見出すだろう。互いに付き合うのが楽になり、互いの過ちを受け入れやすくなるだろう。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM