真のヴィジョナリーへの迫害

マリア・ディバインマースィー

真のヴィジョナリーへの迫害
2010年11月29日   月曜日  12:48

わが娘よ、このことを書いて、わが再臨の前に霊魂を救うために真実を伝えるべく送られたわが選ばれし者たちに迫害を加えている世に警告せよ。

あなたたちは、わが選ばれしヴィジョナリー、幻視者、預言者たちが、偽りの預言者として徹底的に拒絶される者たちであるということを知るだろう。その単純な信心のために選ばれたこれらのわが素晴らしき(beautiful)者たちは、人間の手によって私が苦しんだ拒絶の苦しみを私と共に味わうだろう。

私によって、私と共に、私のために苦しむ者たちは、まことの預言者である。彼らは、私のために苦しめられ、軽蔑をもって扱われ、公然と非難される者たちなのだ。彼らはまた、すべてのわが聖なる僕たちによってではないが、私自身の教会によって拒絶されるだろう。わが教えをきちんと守る献身的な従者たちもまた、時がきて真実が彼らにだんだんと分かって来るまでは、真の預言者たちを拒絶するようそそのかされるだろう。

すべての者にわが教えを思い起こさせるために、わが神なる憐みによりこの世に預言者を送ることにした「時の初め」以来、当初は信じる者たちはほんの僅かであった。多くの預言者が軽蔑され、鋭敏な想像力や憂鬱に悩まされているのだと見なされ、あるいは単に心の迷いと見なされた。これらの預言者たちのほとんどは、自身、最初に神との遭遇を経験したしときには圧倒された。それらが本物であると受け入れるまで、しばらくのあいだ彼らはこれらの神秘的な体験を疑っていた。彼らは、誰であれ他の者たちに自分の体験を語ることを躊躇(ちゅうちょ)した。受け入れるのに時間がかかったのだ。

わが選ばれし者たちは皆、召し出しを受け入れるとしても、私からのメッセージ、あるいは指示を修道女、司祭、司教、枢機卿を含むわが聖なる僕たちにさえ、打ち明けることをしぶった。彼らは、これらの人々を畏れ多いと感じていて、これらの人々にとって、その生じる疑問に対応することが極めて困難であるということを彼らは内心知っていたのだった。呼ばれた者たちの多くが、そのメッセージを明らかにせず、私に対する自らの義務を果たすために、祈りや個人的苦しみを利用した。

その他の、わが祝されし母と私の指示通りにメッセージを明らかにしなかった者たちは、(人々から)信じられなかった。時と共に、彼らが信じられるということが明らかになるのは、神が印を表すことによってのみであった。

私はすべてのわが従者たちに、自らの心に耳を傾けるよう促す。わがヴィジョナリ―や幻視者たちによって伝えられたメッセージを見なさい。これらのメッセージは、あなたたちを導き、霊魂を救うために、清い愛からあなたたちに与えられているのだ。それが目的だ。もしあなたたちがそれらのメッセージが神からのものではないと決めつけるなら、導きを求めて祈りなさい。もしあなたたちが、それらのメッセージが神からのものだと判断したなら、わがヴィジョナリーたちが聴かれるよう、祈り、祈り、祈りなさい。

わが真のヴィジョナリーがわが名によって迫害される時のために、印に注意するよう私はあなたたちに警告する。真のヴィジョナリ―たちの光を見る、欺くものの従者たちは、軽くではなく、あなたたちが息をのむ烈しさをもって彼らを標的とするだろう。嘲ることで苦しめるだけではなく、彼らは預言者たちの評判を落とすためにはどんなことでもし、しかもわが名によってすべてを行うのだ。わが弟子たちが忍ぶ苦しみは、それが私にもたらす苦しみに比すれば無に等しい。私の苦しみはここにきてそのようなレヴェルに達しているので、私は、すべての人間のため、あなたたちの罪、すべての罪のために死んだときに受けた恐ろしい拷問を何度も追体験しているのだ。私を苦しめた者たち、そしてわがヴィジョナリーを含むすべての者たちのために。それらの殺人者たち、公けに私を拒絶してそれを誇る者たち、そして、現在世に存在する恐ろしい悪人を含むすべての者たちのためにだ。

どうかわがヴィジョナリーに耳を傾けてほしい。あなたたちが真実を聴くとき、それを心で感じることだろう。聖ベルナデッタやファティマのわが小さき子どもたちを含む、わが祝されし母のヴィジョナリーたちを迫害した者たちの罠にはまらないでほしい。彼らは軽蔑の極みをもって扱われたのだった、特にわが聖なる僕たちによって。愛から人類にわが神なる出現がなされるとき、彼らこそ最も心を痛める者たちである。超自然的神が彼らに現されたとき、彼らがそれを信じもしなければ認めもしないなら、わが心はさらに痛む。

どうかわがヴィジョナリーたちのために祈ってほしい、とりわけそのメッセージが、それが示す愛のため、またそれが含む警告のために否定され得ないわがヴィジョナリーのために。彼らはわが真実のヴィジョナリーであるからだ。あなたたちは、彼らがわが子供たちから受ける侮辱、中傷、苦しみ、そして不当な扱いによって彼らを知ることだろう。

もしあなたたちが彼らが受ける不当な扱いを見、また彼らについての虚偽が品位を下げるような方法で広められるのを見るなら、その時はあなたたちは自問しなければならない。もしこの人間が今まで苦しみ、信じられないでいたなら、なぜひどい不当な扱いが続いているのだろと。その時、あなたたちは自らの答を得るだろう。わが真実の預言者、ヴィジョナリ―、幻視者たちを、あなたたちを欺いているその他の者たちと見分ける導きを願って聖霊に祈りなさい。

あなたたちの最愛の救い主

イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM