最後の預言者は今、送られた。であるから、どうかこの賜物を拒まないでほしい

最後の預言者は今、送られた。であるから、どうかこの賜を拒まないでほしい  2013年7月19日 3:00pm

わが愛しき最愛の娘よ、このミッションゆえに、思い悩んだり、愛されてはいないと感じるときには、聖霊が常にあなたを強めるということを知らねばならない。 あなたは決して虚偽を宣言することはできない。わが最愛の父がそれを許さないからである。あなたは終わりの時の預言者である。だが一方で私はそのことがあなたを恐れさせているということを知っているので、次のことを知りなさい。

私は、わが父の愛によって、世界に大いなる憐れみを与える。最後の預言者は今、送られた。であるから、どうかこの賜を拒まないでほしい。すべての御自分の子どもたちをしっかりとつかみ、世の悪から護ることは、わが父の望みであるからだ。これは、あなたたちを、恐ろしい罪から最後の救いへと連れ出す賜なのだ。

あなたたちを危害から救うこの預言の賜―天からの最後の仲介を拒んではならない。わが父を敬わず、また異教の神々を崇める者たちよ、もしあなたたちが一(いつ)なる真の神に立ち返らなければあなたたちの国は地上から除去されるだろう。あなたたち―輝かしい未来を約束し、あなたたちの虚栄心に訴えかける偽りの神々を崇める者たちは、私から引き離され、果てしなき空虚―決してそこから出られない深淵へと引き込まれてゆくのだ。

今、耳を傾けなさい。あなたたちすべての者たちよ。私は、天から人類に訴えかけているのだ。わが預言者は私が命じる通りに単純に行うだろう。以前言われた通り、彼女は私―神の子、人の子である私に従うのだ。彼女に声はない。彼女の言葉は私の言葉である。神の命令により、彼女の従順は必須である。彼女の従順とは、神の言葉を擁護するために口を開くことは彼女には許されてはいないということだ。

預言されたすべての出来事は素早く起こるだろう。この天からの警告を無視するなら、あなたたちは必要以上に苦しむことになる。これらの天の言葉を悪く言いなさい、あなたは私を迫害することで全世界に自分の恥をさらすことになるだろう。わが言葉は真実である。わが言葉は明確である。わが言葉は、徘徊(はいかい)してあなたたちの命を滅ぼそうとする獣からあなたたちを護り、救うために与えられるのだ。強くあり、獣があなたたちに語る邪悪なる虚偽から離れ去ってほしい。もしあなたたちの心が苦しむなら、私のもとに来なさい。私はそれを軽くしよう。もしあなたの心が悲しむなら、私はあなたを包み込み、死が再びあなたに恐怖を抱かせないよう平和をあなたにもたらそう。

もしあなたが、このメッセージに対して憎しみをもたらす怒りを感じるなら、その時は、あなたは「嘘の王」の攻撃をうけているのだと知りなさい。これらのメッセージがあなたに痛みと苦しみを感じさせるとしたなら、あなたは心のうちで、これらのメッセージが私からのものであると知るだろう。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM