救いの母より司祭へ:地上のわが聖子(こ)の教会に忠実であるためには、あなたたちは

救いの母より司祭へ:地上のわが聖子の教会に忠実であるためには、あなたたちはわが聖子の群れを養うための準備がなされていなければなりません 2013年9月23日 月曜日 1:30pm

わが子よ、ミサの典礼の最終的改変がなされる時、わが教会の屋根やねに、天からの多くの印が示されることでしょう。眼を開き、耳をそばだてている者たちには、決して見過ごすことのできない形で、わが聖子の御怒りを眼にするのです。

地上のわが聖子の教会の中で、ミサの生贄のあいだにわが聖子の御体と御血が冒涜されることで再びわが聖子が磔刑に処せられるとき、わが聖子は御怒りを表されると約束なさいました。雷と稲妻、そしてそれに続く大嵐が人々を動けなくさせることでしょう。人類の上にくだされる神の罰を人々が悟り始め、さらなる洪水が起こるとき、人間の罪が洗い流されるでしょう。

罪に囚われている者たち―わが聖子を愛している者たちやミサに忠実である者たちでさえ―は、忌まわしきものが提示された時に、違いに気付かないでしょう。覚えておきなさい、聖なるミサが挙行されるのはわが聖子の死を記念するためであり、そこではわが聖子の現存が告げられるのです。まもなく人々は真理を認めなくなり、新しいミサは異教の儀式と化すでしょう。その日はしのびやかに訪 れ、それは突然、思いがけなく起こり、偽りの預言者は非常に素早く立ちまわることでしょう。今こそ準備の時です。聖体に忠実な、また神の言葉を信奉し続ける聖なる僕たちは皆、今、準備をし始めなければなりません。

地上のわが聖子の教会に忠実であるためには、あなたたちはわが聖子の群れを命の食物で養うための準備がなされていなければなりません。それは聖体です。あなたたちがイエズス・キリストに仕え、その御体と御血を、ミサによって、すべての救いを願う者たちに与えると言った時、それはあなたたちがイエズス・キリストに為した誓願なのです。この誓願は、最後の日まで敬われなければなりません。

罪を容認し、すべての者たちに罪を受け入れさせるために、神の敵たちが、神の聖なる御名を利用しようとし、すべての者からわが聖子の御体と御血を取り去ろうとする、これからやって来る日々を恐れてはなりません。あなたたちができるどんな方法であっても、あなたたちがわが聖子に仕え続けるならば、それは問題とはなりません。

わが聖子を愛するあなたたちは皆、聖霊の賜が与えられるのだという希望によって、平和のうちに行きなさい。その賜はあなたたちが真理を識別することができるためです。

あなたたちの愛に満ちた母
救いの母  

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM