拒絶される苦しみは、まさしく、私が地上にいた間に、私とわが使徒たちが苦しまねば

拒絶される苦しみは、まさしく、私が地上にいた間に、私とわが使徒たちが苦しまねばならなかった通りのものとなるという事を知りなさい     
2013年8月10日 12:49pm

わが親愛なる最愛の娘よ、あなたたちのうち一人として、わが名によって他の者を裁くことができるほど霊魂が清い者はいない。だが次のことを知りなさい―あなたたち、私に忠実でわが教えに従う者たちは、世界が直面する、大いなる邪悪な忌まわしき事を目にしなければならないとき、大きな苦しみに耐えなければならないということを。

社会正義と社会的思いやりの名によって、偽りの預言者は、世界が信じることになる現代教会について語り、それを作り始めるだろう。この教会は、すべての罪びとに手を差し伸べ、その罪が私に受け入れられない者たちを受け入れる教会だと見なされるだろう。

あなたたち、わが最愛の従者たちは異端派と目されるだろう、あなたたちは真理を宣言し続けるからである。私に忠実たらんとするあらゆる試みは、激しく攻撃されるだろう。あなたたちは仲間はずれにされ、右翼的異分子であると宣言されるだろう。聖なる儀式の伝統を維持しようとするいかなる試みも無視されるだろう。

地上のわが教会を誤導しようとする者たちの力を見くびってはならない。多くの聖なる僕たち(司祭)が新しい偽りの教義を受け入れるからである。それらの司祭たちは、間違って、この新しい教義が福音宣教の一つの形であると信じるのだ。それらの司祭の新しい教義への支持は、真理を知る信徒を非常に困難な状況に追いやる。真理を知る信徒たちの声は、わが名によって作り出される虚偽の奴隷と化す者たちの叫び声の中にあっては、ささやき声のようなものだろう。

拒絶される苦しみは、まさしく、私が地上にいた間に、私とわが使徒たちが苦しまねばならなかった通りのものとなるのだということを知りなさい。神を愛すると言う当時の祭司たちは、私の人となりを彼らに知らせるわが弟子たちの声を黙らせることに躊躇しなかった。わが再臨を告げるこの時代、わが預言者たち、弟子たちは、自分たちの声が退けられ、自分たちが冒涜の非難にさらされるとき、悲惨さを味わうことだろう。

わが従者が広がり増してゆく一方で、彼らは、信仰以外何も身につけぬ乞食のようにして、カルワリオの丘を登ってゆくことだろう。わが従者たちがわが教会―わが真の教会にわが光をともし続ける間、彼らは決して真理から逸脱することもなく、重い十字架を背負ってゆくだろう。これは救いの十字架である。わが従者たちの、哀れな、疲れ切った背中は、私を見捨てた者たちの罪を担ってゆくからである。わが従者たちは辛い状態に置かれるだろう。わが従者たちの私に対する愛ゆえ、彼らは他の人間たちのために苦しむのだ―哀れな霊魂を救うために。

それらの霊魂は、救われるに値しない霊魂である。それらの霊魂は、私が救うと決めたがゆえに救われるのだ。彼らは私を侮辱し、わが忠実なる従者たちに非常な苦しみを与え、わがレムナントアーミーを苦しめていることだろう。

獣に魂を売ってしまったその他の者たちは次のことを知りなさい。あなたたちは地獄を信じていないかも しれないが、地獄の苦しみがどんなものかを、私はあなたたちに示そう。私があなたたちに地獄の苦しみの各レヴェルを示すその日、それはあなたたちを恐れさせ、あなたたちは憐みを乞うて叫び声をあげることだろう。もし、あなたが赦しを願うなら、私はあなたを救う。大警告のあいだに私はこの事を行う。あなたたちのうちで、 地獄の燃える火を見ながらも私に立ち戻らない者たちは、大警告を生き残ることはなく、私を拒むその瞬間、それがあなたたちの最後となるだろう。

私に忠実であり、わが言葉に真実でありつづける者たちは、苦しみはするが、あなたたちを待っている未来は、大いなる栄光そのものである。

わが警告に耳を貸さぬ者たち、あるいは真理に耳を傾けない者たちは、非常に危険な状態に身をさらすことになるだろう。

獣を崇拝し、新世界宗教に向けて偽りの預言者に従う者たちは、その二人と共に、生きたまま地獄の火へ投げ入れられるだろう。

真理は口に苦(にが)し、だがそれを受け入れれば、それはあなたたちに永遠の命をもたらし、あなたたちは愛する者たちと共に、永遠にわが王国で生きるのだ。永遠の命をつなぐ臍帯(さいたい)を切断してはならない。あなたたちは恐ろしい苦しみを味わい、それは間断なく続くのだ。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM