堕胎を広める者たち、また堕胎が導入されることに対して責任ある者


マリア・ディバインマースィー

乙女マリア:堕胎を広める者たち、また堕胎が導入されることに対して責任ある者たちは皆、大罪を犯しているのです''
2012年12月18日   火曜日 18:45
 

わが親愛なる子よ、わが最愛の聖父(ちち)の至聖なる創造である体内の赤子たちの命は、世界中で数百万の単位で殺されるに至っています。

邪悪なるものは、堕胎は受け入れられるばかりか善い事と見なされるのだと確信させるために、世界のあらゆる地域の政府に影響を与えています。

天ではどれほどの涙が流されていることでしょう! すべての天使、聖人は、悲しみに頭を垂れています。

大艱難の時が始まれば、多くの数の神の子供たちが滅ぼされるでしょう。

戦争、飢饉、殺人、自殺が増えるでしょう。でも、わが聖父の怒りを買うのは、ほとんどの他の罪にも増して堕胎の罪なのです。

堕胎を大目に見る国々は、神の手によって大いに苦しむでしょう。自らの罰を眼にして国々は泣くでしょう。このような悪行の導入に責任ある者たちは皆、多くの祈りが必要です。

わが子よ、堕胎の広がりを阻止するために、すべての者が、2013年の1月の最後の週まで、毎週金曜日にロザリオを祈ることは重要なことです。

胎内で殺されたすべての子は、わが聖父の王国で天使になります。彼らは、知っていながら(神の御業に)干渉し、ためらいなく自らの胎内の子供の命を絶ったそれぞれの母親のために毎日祈ります。

彼らの祈りは、母親の霊魂の救いのために使われています。

堕胎を広める者たち、また堕胎が導入されることに対して責任ある者たちは皆、大罪を犯しているのです。

これらの罪人たちのために、祈り、祈り、祈りなさい、彼らは神の憐みを大いに必要としているからです。

あなたたちの最愛の母
救いの母

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM