地獄の存在が否定されるかくも多くの虚偽は、キリスト者の破滅のもととなる

マリア・ディバインマースィー

地獄の存在が否定されるかくも多くの虚偽は、キリスト者の破滅のもととなるだろう
2012年4月14日   土曜日    15:27

わが親愛なる娘よ、どんなにあなたの身体的苦しみが辛いものであろうとも、その苦しみが増してゆく時その苦しみは私の苦しみでもあるということをあなたは認めなければならない。あなたの苦しみは、私自身の苦しみのほんの一部が体現されたものだ。私と一致することで、あなたが経験する一つ一つの苦しみ、そして霊魂の内的闇に対して、あなたは私が人間の罪ゆえに私が耐え忍ぶ苦しみを知るのだ。

多くの者たちが、わが苦しみが十字架上で始まり、終わったと誤って思い込んでいる。

わが苦しみは、神の子供たちが皆、もはや罪の存在しないわが聖父(ちち)の新しき楽園において愛と調和の中に一致するまでは終わらない。

どれだけ人類がわが存在について知らされようと、私は依然として憎まれているのだ。

信徒には私は受け入れられるが、わが教えは彼らの条件に見合う形で受け入れられるだけだ。

多くの者が愛と優しさをもって他人(ひと)を扱うが、それもその賜を与える相手が自分たちの考え方に合致する場合だけだ。

たとえば、多くの者は、罪びとに対して思いやりを示し彼らのために祈るべきときに、彼らを非難する。人は非難するのではなしに、模範で導かなければならないのだ。

キリスト者として求められる愛を示す代わりに嘲笑する者もいる。あなたたちが人に同調できなくとも、決して彼らを非難し裁いてはならない、あなたたちにはその権利がないからである。神以外、何人(なんぴと)も他人を裁く権威を持ちあわせてはいないのだ。多くの者が私に敬意を払っていると信じているが、それは自分の条件に合わせてだ。

世間にいかに自分たちが霊的事柄に薀蓄(うんちく)があるかを示すために、兄弟姉妹から自らを引き離す必要を感じている者たちもいる。そして彼らはわが憐みの実際に意味するところについて自分自身の解釈を用いる。

神は非常に憐み深い、非常に憐み深いので、神はすべての者を愛しているゆえ、神は決して人を裁かないと、あなたたちは何度耳にしたことか。

神は決して霊魂を地獄に送らないと。

そう、これは嘘である。地獄の存在が否定されるかくも多くの虚偽は、キリスト者の破滅のもととなるだろう。

人は自分自身で地獄へ堕ちるのだ。私が地獄へ追いやるのではない。

人々は赦しを願いもしなければ、痛悔もしない。これは危険な考えだ、他の者たちに地獄の危険を警告するのはすべてのキリスト者の義務なのだ。

自分の子供たちへの洗礼の秘跡を拒否する者たちも含めて非常に多くの者たちが、あたかも、もはや罪は重大なことではないかの様に語る。

人々はすべての罪は赦されることになると信じている。それは正しくはない。

すべての罪は、それがどんなに穢れた罪であろうとも赦され得る、だがそれは罪人が赦しを願ったときだけである。

いま私は天から神の子供たちすべてをわが再臨に備えさせるべくあなたたちに語っているが、私が見るものは何だろう。

私は牢獄の壁の向こう、あなたたちが私がこのようにしてあなたたちに語りかけることができるということを信じることを拒んだゆえに私を放り込んだ独房の中からあなたたちに語りかけるのだ。

おお、なんとあなたたちは私に背くことか。

私に捧げられた生活を送りながら、またわが聖書の知識がありながら、いま私を拒む者たちに私は次のことを言う。

今あなたたちが私を拒むことで、あなたたちに真実が明かされたときにあなたたちは苦しみと大いなる悲しみに見舞われることになるだろう。

なぜなら、その時あなたたちは、人びとを救うために私があなたたちの助けを必要としたときにあなたたちが散らした者たちのいることを悟るからである。

謙遜さを欠くために陥るあなたたちの盲目さのために、どれだけあなたたちは私を失望させ、嘆かせることか。

私の聖なる言葉を受け入れ理解すべき時にあなたたちはそれを疑うのだ、なぜなら、あなたたちは溺れかけている霊魂であり、心に寛大さを欠くからである。

私の呼びかけに応じるよう私はあなたたちに乞い願う。

あなたたちの最愛のイエズス
人類の贖い主

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM