十字架の新しい形が導入されるだろう

十字架の新しい形が導入されるだろう
2013年4月30日 15:40

わが愛しき最愛の娘よ、わが権威は決して減じない、光のように、それは濃霧の中でかすみ、おぼろげになっても常に見えている。

邪悪なる霊が分裂に分裂をもたらし、世界が再び変わるとき、あなたたちを支えるのは神の光だけである。助けを求めて私のもとに来る者は私の存在を感じるだろう、特にあなたたちがすべてに希望を失ったとき、私はあなたたちを見捨てない。人間の心が石と化すことで、今日の世界で顕著な愛の欠落がさらに進むとき、真理だけが、あなたたちが乗り越えてゆく助けとなる。

真理は聖書に書かれている。それは、人間が、今、そして未来を生きてゆくことを可能とする糧である。多くの国々が、特にヨーロッパで、神の言葉を広めることを禁止する新しい法律を固守するゆえ、まもなく聖書を買うことができなくなるだろう。

カトリック教会で仕える者たちを招く手紙が現在書かれている。間もなく、わが聖なる僕すべてが改革を知らされるだろう、それは教会の善のためだと伝えられるだろう。

ミサの間の祈りを変える新しい規則は無害なものと見られるだろう。多くの者はその重大性に気付かないが、だがそれは聖体と聖体のうちのわが現存に関係するものなのだ。(「再現」ではなく―訳注)「記念する<commemorate>」という言葉が使われ、間もなくすべての教会が貴重な宝をはぎ取られて丸裸にされるだろう。金の聖櫃を含めて―聖櫃は木や石に変えられる―貴重なものの剥ぎとりは、新世界宗教を取り入れるという印のひとつとなるだろう。

教会の壁の中は変えられ、それには祭壇の俗用が伴うだろう。聖体を安置した聖体顕示台は見られなくなり、わが聖なるホスチアを顕示する時代は終わりを告げる。

私のこの言葉を嘲るがよい、これらの事があなたたちの目前で行われるとき、あなたたちは涙を流すことだろう。それからほどなくして、わが聖なる僕の着る服が変えられ、十字架の新しい形が導入されるだろう。新たな非道は、単純な十字架に基礎を置かない。代わりに、慎重に、獣の頭をしつらえる。

今、十字架を集め、聖水と共に家においておくよう私はあなたたちに願う。私があなたたちに語った真理を固持するよう、私はあなたたちすべてに促す。そして私は、私への完全な信頼をあなたたちにもとめる。邪悪なるものに為すがままにさせて私があなたたちを見捨てるなどと、決して思ってはならない。私はいつもあなたたちのそばにいる。私は、わが最愛の、忠実なる聖なる僕たちに、彼らが私と心を通わせつづけるための特別な恵みを注ごう。

あなたたちの心を私の近くに置き、また互いの近くに置きなさい。互いに慰め合い、愛し合いなさい、あなたたちは、これから訪れる日々の前、そしてそれらの日々のあいだ、今までにも増して互いに愛し合わねばならないからである。私はあなたたちの家族である。あなたたちは私のものである。喇叭(らっぱ)が吹き鳴らされ、私が、ついに再臨によって私自身をあらわすという宣言がなされるその日まで、私たちは共にいる。その時こそ、あなたたちは、私があなたたちに約束した喜びと平和を感じるだろう。その時、すべての苦しみは終わる。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM