剛毅の恵みを求めて、どうかこの十字軍の祈り第92番を唱えてほしい。 
2013年1月6日 日曜日  17:50
 

わが親愛なる娘よ、世界中から見知らぬ者たち(Stranger=異邦人)が、今この天からの呼びかけに応えているのは、聖霊によるのだ。

多くの、何千人もの者たちが心に愛を抱いてわが十字軍の祈りのグループに従がうために挙(こぞ)って集まっているのは、聖霊の力によってのみ可能なことである。

一つの神からのミッションが真正なものでるなら、呼ばれている者たちの数、またわが聖なる名によって一つに一致する者たちの数によって、あなたたちは即座にそれと知るだろう。疑問の余地はない。金銭は求められない。議論も起こらない。すべての者が、私への愛から、単純に互いに一致するのだ。かくも多くの国々の、多くの者たちがわが十字軍の祈りに応えてくれているゆえ、今、私は次の祝福を彼らに与える。

わが最愛の弟子たちよ、あなたたちは私に大きな喜びと慰めをもたらしてくれる。あなたたちが示してくれた、その忠実さと忍耐に対して、私は聖霊の賜物によってあなたたちを祝福する。わが再臨の前に、私が霊魂を救うのを手助けするあなたたちが行うすべての仕事に対して、私は、あなたたちがすぐに感じる取る、特別な恵みを与える。それは、逆境に際しての剛毅の賜物である。

どうか剛毅の恵みを求めて、この十字軍の祈り第92番を唱えてほしい。

おお愛するイエズス、われ剛毅の賜物を御身に願わん。

御身(おんみ)の至聖なる言葉を擁護するに必要な恵みを、われに与え給うようわれ御身に請い願い奉る。

心に残るいかなる疑いをも取り除き給うよう、われ御身に願い奉る。

わが心を、優しさ、忍耐、剛毅もて満たしたもうようわれ御身に願い奉る。

御身の御名(みな)によりてわれが辱(はずかし)めをを受くるとも、われが威厳を保つを助け給え。

疲れ果て、力うすれ、またわれが御身が人類を救い給わんとするを助くるために不断に立ち働くあいだ、われを待ち受くるあらゆる艱難に遭いしときにも、われを強め、前に進むための恵みもてわれを包み給え。アーメン」


行きなさい、わが貴き従者たちよ、そして、あなたたちがわが呼びかけに応える時の愛を眼にするとき、わが心は愛と歓びではちきれんばかりになるということを知りなさい。

私は、あなたたちを愛している。私は、わが貴き血であなたたちを包み込もう。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM