分裂の時は間もなくである、あなたたちは準備をしなくてはならない

分裂の時は間もなくである、あなたたちは準備をしなければならない
2013年3月21日 8:00pm

わが愛しき最愛の娘よ、わが心は悲しみのためにどれほど痛んでいることか、それは、わが最後の教皇、わが最愛のベネディクトの逃避ゆえに混乱のうちにある者たちの感じている悲しみである。

あなたたち、愛するわが心の者たちは非常に混乱し、幾分、孤独を感じている。私はあなたたちの苦しみを感じている、あなたたちはわが憐みの手を求めて懸命に祈らなければならない、そうすれば私は、あなたたちを慰めるために、あなたたちの悲しみに満ちた心に憐みの手を差し伸べることができる。

あなた、わが娘にとって今は裏切りの季節である、この聖なるミッションの側にいたものたちの多くが、去ってゆくからだ。あなたは、聖体礼拝のための時間を一週間に七日に増やさなければならない。そうしてのみ、私があなたに与える仕事―その多くがきわめて困難なものである―を成し遂げるために、恐れずに孤独の道を歩むことができるのだ。

あなたたち、あなたたちすべては、この時、強くあらねばならない。非難の声に耳を傾けてはならないそれはあなたたちの神経を逆なでし、聖週間が近づくにつれてその量を増すだろう

これら、世界に向けてのわが聖なるメッセージに対する、すべての中傷、全ての虚偽、全ての悪意に満ちた反対は、この十日間、あなたたちの十字架となるだろう。あなたたち、わが従者にとって、一瞬たりとも、休息し、祈り、あるいはわが聖なる言葉について熟考することは許されないだろう。

ロザリオ―それは毎日祈られねばならない―の保護がなければ、あなたたちは、私から来るものではない疑いに囚われることになるだろう。

分裂の時は間もなくである、あなたたちは準備をしなければならない。私は、わがメッセージからあなたたちを引き離そうとしてあなたたちに加えられる迫害や圧力を耐える助けとなる、特別な恵みをあなたたちに与えたいと思う。わが聖なる言葉に集中するには、深い信仰、信頼、強靭な神経を必要とする。であるから、あなたたちは今から、一日一回、この十字軍の祈りを唱えなければならない。


世界に向けての神のメッセージへの信仰、信頼を支えるための十字軍の祈り第102番

「いとも愛すべきイエズス、われが倒れし時、われを立たせ給え
われが疑いしとき、われを照らし給え。
われが苦しみのうちにありしとき、御身の愛を示し給え
われが批判せしとき、われをして沈黙せしめ給え
われが公けに他人を裁きしとき、わが唇を閉ざし給え。
われが御身の御名によりて不敬を口にせしとき、われを救い、語身の御保護のもとへと連れ戻し給え
われが勇気を欠きしとき、戦い、御身の願われる霊魂を救うための剣をわれに与え給え。
われが御身の愛に背きしとき、われを助け、われがまったくおのが自身をあけ渡し、御身の慈しみ溢るる御保護に身をゆだねることを得しめ給え
われが横道に逸れしとき、われが真理の道を見出だすを助け給え
われが御身の言葉を疑いしとき、われが求めんとする答えを与え給え
御身をののしる者たちに対してさえ、われをして忍耐強く、愛に満ち、親切ならしめ給え
われをして、われを傷つける者たちを許さしめ、地の果てまでも御身に従うに必要な恵みをわれに与え給え。アーメン」


行きなさい、わが貴き従者たちよ、あなたたちの仕事は、私に対してであり、あなたたちの教会、わが教えに対するものであるということを覚えておきなさい。救いの剣を手にとり、私に対して罪を犯す者たちをも含めて、すべての霊魂をわが王国へと連れてゆくために、私と共に戦いなさい。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM