再 臨

マリア・ディバインマースィー

再臨
2010年11月15日   月曜日  03:00

わが真実に関して根気強くあること、またわがあなたへの語りかけが真(まこと)に現実のことであることを理解していることに対し、私はあなたに感謝する。この時代に人類が理解する必要のあるわが神聖なるメッセージをあなたに表すために来る時、あなたは体内にわが霊を感じるだろう。私は、わが聖父(ちち)の子供たちに、清き愛と熱情のメッセージをもたらす。これらのメッセージは、全ての神の従者たちに先ず、跪(ひざず)き、ヨハネの書の真実を理解することの必要性を説明することになる。

わが再臨の時は到来した。その印は、久しい時を遡って前もって語られた預言を知る者たちには明らかに示されている。見てみなさい、今あなたたちは何を目にするか。印は今や見える。人間は、彼が露出されている恐ろしい急襲に気づかないでいる。疑わぬ政府に提示されて受け入れられ、救いと言う名のもとに気づかれずに実を隠した邪(よこし)まな嘘を。

今、私に耳を傾けなさい、わが子供たちよ。反キリストは飛び出す準備を整えている。真実に眼と心を開いて用心していなさい、さもなければあなたたちは滅びる。

恐れるな、わが最愛の従者たちよ、あなたたちはわが群れを、わが永遠の聖父への崇敬へと導くからである。これから先の闇の日々のあいだ、それらの信じる者たちにとって「生命の糧」は十分にあるだろう。共にとどまりなさい。互いに愛し合いなさい。あなたたちがあらゆる場所の全ての人種、宗教、信徒たちをわが聖父の王国に向けて一致させるために、互いに力を与え合いなさい。

神の愛、善、愛、希望、そして人類のすべてを待っている永遠の命の真実を示すことが、あなたたちの仕事である。あなたたちが強力な軍隊となるのは、自らの尊大さと内気の外壁を打ちくずし、共に祈ることによってである。共にあればあなたたちは強い。あなたたちの私、あなたたちの神なる救い主への信仰は、不信仰の者たちを回心させる助けとなるだろう。これらの人々、その多くは彼ら自身の落ち度ではなく、わが愛を知らない。彼らは互いに愛を感じるかもしれないが、その愛がどこから来るかを知らない。わが神の子供たちよ、彼らを光へと導け。

私は糧であり、私は光である。わが光はあなたたち皆を安全に保つ。心と霊魂を寛大にし、導きを必要としている哀れな者たちのことを考えるよう私はあなたたちに促す。あなたたちは模範によってこのことをしなければならず、これらの者たちにどのようにして私に近づくかを示しなさい。彼らは親切に、しかし道に沿ってしっかりと導かれねばならない。手遅れになる前に、彼らを無知の微睡(まどろみ)から目覚めさせることが重要である。

わが子供たちよ、あなたたちはわが聖父の書の教えを理解していないのか。地上へのわが帰還の印を表した書は、学ばれ、真実として受け入れられなければならない。預言者を通して神なるわが聖父は嘘は吐かない。わが聖父は矛盾しない。あなたたちは今、前もって言われた天の印を見せられており、あなたたちはいま準備しなければならない。あなたたちとあなたたちの家族は、私と共に瞬(またた)く間に挙げられるだろう。

どうか、どうか導きを求めて祈ってほしい。信じる者たちよ、今、わが名において戦い、反キリストに対して立ち上がる準備をせよ。あなたたちが人々にヨハネの書(『黙示録』)に書かれてある預言を思い出させる時、彼らはあなたたちに微笑みかけるだろう。あなたたちは非難され、あなたたちの考え、懸念がこじつけによる慰みごとだと叱られるだろう。これを無視しなさい、あなたたちには私に対する義務があるからだ。今だ。祈りなさい、祈りなさい、そして信じない者たちに教えを受け入れさせなさい。恐れてはならない、あなたたちの多くが未来を恐れている。あなたたちの家族に対して次のことを言わねばならない。時がきたなら、あなたたちとあなたたちの家族は、瞬(まばた)きする瞬間に天空に挙げられるだろう。それからあなたたちは、天と地が一つになるとき、永遠の命の賜を受けるのだ。これが新しき楽園を意味する。それは、全てのわが従者たちにとって、大いなる栄光、愛、完全さの時となる。

強くありなさい。あなたたちは短い間苦しみに耐えなければならない、だがあなたたちの信仰があなたたちを強く保つだろう。私があなたたち皆を愛しているということを覚えておきなさい。あなたたちも私を愛しなさい、そして私が出来るだけ多くの霊魂を救うその手助けをしなさい。あなたたちはわが強力な軍隊である、今、戦いに備えよ。私は、あなたたち皆をわが聖父の王国へと導く。

あなたたちの愛に満ちた救い主
イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM