共贖者(きょうしょくしゃ)としてのわが母の役割は申し分なく、最後には真に理解される

共贖者としてのわが母の役割は申し分なく、最後には真に理解される                   2014年1月24日 金曜日 20:19

わが親愛なる最愛の娘よ、いたる所にあるマリアの出現地でわが母の最後の出現があるとき、この世はついに方向を変え、私のもとに駆け寄ってくるのだということを知らねばならない。更なる霊魂が私のもとに連れて来られるのは、わが最愛の母によってである。わが母の役割は、常に、人間の善のために私に仕えることであった。そして今、共贖者としてのわが母の役割は申し分なく、最後には真に理解されるだろう。

私は、回心させるために、すべての者にわが強力な仲介を目にする機会を与える。回心によって、私は多くの者たちを救うことができる。救いの約束は私によってなされ、私の十字架上の死によって成就された。今、私はこのミッションを通して私のもとに引き寄せる霊魂を集め、いたる所に真理のわが言葉を広める。

真理を教えられなかった者たちは、初めてそれが示されるだろう。真理が教えられてもそれを忘れてしまった者たちは、私の約束を思いだすだろう。真理を知りながらも、自分の思い通りにそれを変えてしまった者たちは、真理は一つであるということを思い出すだろう。

人間の精神が混乱し、心が疑いで引き裂かれているときに、私は人間に真理をもたらそう―だが私は恐怖心を和らげる。私、イエズス・キリストだけがこのように仲介する力をもっている。私だけが平和をもたらす力を有し、正当に人間のものである救いをもたらす力を有するのだ。

このミッションのすべての要素は、一つの形を形成するために引き寄せられている。そして、いくつかの部分が、ジグソーパズルのように繋がり合わさるとき、すべての部分が一つになるとき、最終的な絵がはっきりとしてくるのだ。そしてあなたたちは至る所で私の存在を見出すだろう―それらはみな、最終的に真理全体がすべての者たちに明確になるまで、わが聖父によってこの世に与えられたすべての真実にして聖なるミッションと繋がるのだ。

預言者ダニエルと福音史家ヨハネに前もって語られたように、わが聖父は「真理の書」によってこの世に真理を明らかにすると約束された。今この時代にわが聖父は、真理をあなたたちにお示しになられるが、それは、最後の部分が全体を完成させるまで、部分ぶぶんが少しずつ明らかにされてゆくのだ。そのとき初めて最後のハードルが乗り越えられ、そのとき人類の大多数がわが再臨を待ちながら、歌い、歓喜することだろう。わがミッションが完成したときにのみ、この世に大いなる日が告げられるのだ。

平和のうちに行きなさい、そして、私に完全な信頼を置くなら、私はわが聖父の契約の最後の部分を完成させ、あなたたちをわが聖父の大いなる王国の地に連れてゆくことができるのだということを知りなさい。

あなたたちのイエズス

                                                                                                                   

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM