全人類の父として、その正当な玉座を取り戻すべくわが聖子を送る準備

マリア・ディバインマースィー

父なる神:全人類の父として、その正当な玉座を取り戻すべくわが聖子を送る準備が私にはできている
2012年4月28日   土曜日    15:40

わが娘よ、ここ数か月は、あなただけではなく、わが最愛の子供たちすべてにとって困難な時であった。

私は、私の子供たちがどんなに私に背(そむ)こうとも、その一人ひとりに深い憐みを抱く、創造と愛の父である。

霊魂をわが最愛の聖子(こ)イエズス・キリストの来臨に備えるための、その助けとするに必要な準備は多々ある。

今の時、迫害によって人類の多くが苦しんでいる。この迫害は貧困や金銭の欠乏だけではなく、精神的飢餓による迫害でもある。

全人類の父として、その正当な玉座を取り戻すべくわが聖子を送る準備が私にはできている。

私だけがその時を知っている。わが聖子でさえがその日を知らない。

私が言えることは、それは間もなくであり、今日地上に生きているこの世代のほとんどの者たちが、大いなる栄光の中のわが聖子の帰還の日に生きているということだ。

私は今、わが子供たちすべてが荒れ野で耐えてこなければならなかった恐ろしい苦難の淵から彼らを引き揚げながら、彼らを集める準備をしている。

この荒れ野は、ルシファーと、アダムとエバの堕落以来地上を徘徊する堕天使たちの手によって創られたものだ。

今日、わが子供たちの多くが私、創造主にして父なる神を信じることができなくなっている。

私はわが子供たちに、知性と、自分が人生を生きるために決めるいかなる道をも選択できる自主的な自由意志を恵みとして賦与した。

わが王国に導くために、私は石に刻まれた十戒をわが子供たちに与えた。

十戒は決して変わらなかった、だがわが子供たちは実際よりも自分たちを賢いと思い、私にとっては受け入れがたい新たな意味を立案したのだった。

地上に満ち溢れる追放されたデーモンたち、その統治の終わりとなる今の時は、ほとんど終焉を迎えつつある。

私は、すべてのわが子供たちに耳を傾けるよう呼びかける。あなたたちの知る通り、あなたたちの地上の時は終わろうとしている。

だが、あなたたちを待ち受ける、新しい地、新しき楽園が存在するのだ。

それはあなたたちの想像し得るいかなるものをも超えて素晴らしいものであり、すべての男、女、子供への愛をもって今まで準備されてきたのだ。

終(つい)に私はわが貴き家族のすべてを一つにし、私たちは調和と平和、愛と歓びの中に永遠に生きるのだ。

新しき楽園に入ることを拒絶する者たちよ、私は、あなたたちが自分の正統な遺産に背を向けることを阻止するために、力の限りすべてのことを行うだろう。

私があなたたちから決して取り去ることのない自由意志の賜ゆえに、選択はあなたたちがするのだ。

必要なことは、あなたたちが顔を向け、心を開くことだけである。

それからあなたたちはわが腕の中に身を投げ出さなければならない、そうすれば私はあなたたちを故郷へと連れて行くことができる。

これが私の心からの、宝の様に大切な望みであるのだ、すなわち、わが愛しい子供たちのすべてを、彼らがそこに住む正当な権利を持つ場所である故郷へと連れて行くことである。

あなたたちの愛に満ちた父
至高なる神

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM