便利印刷2

No.168

十字軍の祈り第168番―神の愛の賜物を求めて
2014年9月29日  月曜日 20:50

父なる神:あなたたちがあなたたちの血管をわが愛が通うのを許すなら、あなたたちは完全な平和と自由を感じることだろう。それは、他のわが子に対して、敵意、怒り、復讐心も怨恨も感じないゆえである。これは、最も純粋な形のわが愛の賜である。この祈りを唱えることで、私からその賜を受けなさい。

おお、いとも貴き父よ、
おお、永遠なる神よ、
至高なる神よ、
われをして御身(おんみ)の愛にふさわしきものたらしめ給え。
われが他人(ひと)を傷つけしことを、まただれであれ、御身の子らにわれが苦しみを与えたるいかなる悪行(あくぎょう)をも赦し給え。
われが御身をわが霊魂へと迎え入れ奉らんがためにわが心を開き、われが他の者に感ずるいかなる憎しみをも取り払い給え。
われに敵を許さしめ、われが行く先々にて、また日々我が会う者たちの間に、われに御身の愛の種を蒔(ま)かせ給え。
愛する父よ、われに忍耐と信頼の賜物を与え給え、そは、われが御身の聖なる言葉を護り、かくして、闇の世界において御身の大いなる愛と憐みの炎をもやし続けることを得んがためなり。アーメン

(2020年年5月22日再完成)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM