今の生活は、瞬く間に新しい生活、新たになった楽園へと移る

マリア・ディバインマースィー

今の生活は、瞬く間に新しい生活、新たになった楽園へと移る
 2013年2月12日 火曜日   02:19
 

わが親愛なる娘よ、この世のかくも多くの者たちが、自分の霊性について知らずにいる。日々の生活に関する事柄、仕事に関する事柄、親としての役割に関すること、試験に合格するための努力、様々な訓練などに捕らわれ、この地上での滞在を終えた後のことについて忘れてしまう。

衣食を満たすために責任を負っている事柄に最善を尽くすことは良い、だが霊的健康を疎(おろそ)かにするなら、自分たちを待っている最も偉大な賜を自ら否定していることになる。

多くの者たちが、わが聖父(ちち)がいつでも命を取り去ることができるのだということを忘れる。もし人が準備をしないなら、この人生から次に移るときに大いに苦しみ、天国へ入ることができないかもしれない。

忙しい生活を送る者たちにとって、神から与えられたこの世の時が終わるときにどうなるのかを考えることは難しい。多くの者たちは死を恐ろしいものと考え、自分たちが考えたいと思う何かよいことであるとは考えない。その結果、彼らはわが聖父の王国への道である私、彼らのイエズスを拒むのだ。私、イエズス・キリストが、あなたたちの知らない永遠の命をもたらす唯一の道である。

私は、神の子供たちすべてを待っている素晴らしい生活があるのだということをあなたたちに告げたい。この世での生活は重要である、なぜなら、それはあなたたちの未来を決定することになるあなたたちに与えられている人生を、いかに生きるかということだからである。

決して死を終わりだと考えてはならない。そうではなく、死が、新しい、素晴らしい人生の始まりなのだと考えなさい。あなたたちが地上で過ごす時は、ひとつの試しである。それはテストであり、多くの点で亡命生活である。罪びととして生まれ、罪びととして死ぬのだ。だが、未来に多くの楽しみを有するのは、互いに愛し合い、他人(ひと)に愛と敬意をもって接し、私に似た生活を送る罪びとたちである。

神の子供たちすべてに対するわが大いなる憐みゆえに、彷徨(さまよ)い、失われ、混乱している者たちに対して、私は大いなる例外を設ける。私は、私と一切の関係を持ちたくないと思っている者たちを追い求め、彼らの心を揺り動かし、彼らが他人に憐みを感じるようにする。

多くの者たちは、私ががいかにして彼らの心の中で働くかを知らないでいる、だが私は彼らを私の方へ導くために彼らの心の中で働くのだ。わが存在に確信を持てないでいる者たちにでさえ、私を呼ぶ者たちには私は駆け寄る。私は即座に応じ、すべての意向に耳を傾ける。私は愛に満ちた神である。私はすぐに怒ることはない。私は忍耐である。私は期待するものである。私は忠実である。私は憐みそのものである。私は全ての者たちがわが呼びかけを知るよう待っている。まもなく、人々は、彼らが神の愛を感じるよう招いている声に対し、自分たちが誰の声を聞いているのかと言うことについて少しの疑いも持たなくなるだろうからだ。

今の生活は、瞬く間に新しい生活、新たになった楽園へと移行する。この地上での生活は、試練、重圧、ストレス、起伏に満ちている、一方、私を愛する者すべてを待ち受けている生活の平安と栄光はそれとは比べるべくもない。

あなたたちのイエズス

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM