人生をわが聖なる奉仕に捧げたわが司祭と聖なる僕たちへのメッセージ

人生をわが聖なる奉仕に捧げたわが司祭と聖なる僕たちへのメッセージ 
2013年3月17日 日曜日   18:50''
 

わが親愛なる娘よ、これは、人生をわが聖なる奉仕に捧げたわが司祭と聖なる僕たちへのメッセージである。

わが最愛の僕たちよ、私は、あなたたちが教会の掟と、あなたたちがわが聖なる名において従順を示さなければならない者たちに従うことを望んでいる。

あなたたちは決して教会への義務を棄ててはならない、そしていつものように私に仕え続けなければならない。どうか以前の様にすべての秘跡を執行してほしい、さらなる勤勉さをもって。いつものように聖なる義務を果しなさい。あなたたちの義務とは神の子供たちに対してであり、あなたたちは群れを導かなければならないのだ。常にわが教えに忠実でありなさい。

わが地上の教会を見捨てるのはあなたたち、わが貴い僕たちではない。新しい教義を受け入れるために教会の掟が変えられるのは、あなたたちの行いによってではない。

恐ろしいその日まで、あなたたちはわが教会の奉仕に忠実であり続け、自分の義務を行い続けるだろう。その日は、わが聖なるミサが見分けがつかないほど変えられてしまう日だ。あなたたちを私から引き離すのは、地上のわが教会に入り込んだ神の敵たちである。

彼らが新しいミサを提示するとき、その時あなたたちに選択の余地はないだろう、そのミサではもはや聖体を捧げないということをあなたたちは知るからである。それ以前にあなたたちは印を知るだろうが、終(つい)に真実があなたたちに明かされるのはその時である。

その印には、祈りを整備する奇妙な新しいやり方を含む。サタンはもはや非難されることはなく、秘跡は、他の宗派を組み入れるために手を加えて変えられるだろう。あなたたちは不安に駆られるだろが、わが教会に忠実であり続けるという義務を感じるだろう。

もしあなたたちがわが教えに忠実であり続けるなら、地上のわが教会の存在が、あなたたちの唯一の生き残る手段となるのはその時である。わが教え、わが秘跡、わが聖なるミサが変えられるとき、あなたたちは欺かれてはならない。もしあなたたちがわが掟を固守しないなら、その時あなたたちは私を裏切るのだ。

他のキリスト教会へ:この狼藉(ろうぜき)はあなたたちの教会にもまた広がるだろう。やがて、あなたたちは、わが教えを、それがが世に与えられた形で敬うことが困難になるだろう。偽りの預言者とその同僚―あらゆる時代で最も影響力のある指導者として世界中にその顔が知られることになる反キリストとの支配体制の下で、すべてのキリスト教徒が苦しむだろう。

イエズス・キリスト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM