世界統一貨幣を防ぐために、聖金曜日に一日断食するようわが子供たちに願い

救いの母:世界統一貨幣を防ぐために、聖金曜日に一日断食するようわが子供たちに願いなさい
2012年3月27日火曜日 

わが子よ、聖週間、他の選ばれし者たちと共に、あなたの苦しみは強まるでしょう。
それは、欺くものが、戦争、迫害、暴力によってできるだけ多くの神の子供たちを傷つける週です。
まさにわが貴き聖子が十字架でその御受難を忍ばれたように、欺くものが大いなる苦しみをもたらすのはこの時なのです。

わが子よ、復活祭までの毎週金曜日にロザリオを唱えるようあらゆる場所の者たちに奨励してきた者たちに、私が非常に喜んでいるとあなたは告げなければなりません。(カテゴリー、「ロザリオの祈り方」参照―訳注)
彼らが救っている者たちは、彼らの自身の国々の苦しみと共に、その信心行によって助けられているのです。

大いなる苦しみの時、わが聖子の愛は、今、世界中のさらに多くの者たちによって感じられています。
わが聖子は特別な恵みによって彼らの苦しみを和らげ、聖霊の力によって彼らの霊魂に安らぎをもたらします。
子供たちよ、あなたたちが愛を込めて天に捧げる祈りは、聞かれております。
あなたたちは常に、わが聖子とわが永遠の聖父の助けを願わなければなりません。それがどんなに短い祈りでも、すべての祈りは聞かれ、至高なる神の御旨(みむね)に従って応えられます。

わが子よ、世界統一貨幣の導入を防ぐために、聖金曜日に一日断食するようわが子供たちに願いなさい。
あなたたちの祈りと断食はそれを防ぐことができるのです。
断食のあいだに次の祈りが唱えられるや否や、わが永遠の聖父は、これらの者たちが、あなたたちを支配するために企てている貧困をもたらすための計画を阻止 なさるでしょう。
これらの同じ者たちはキリスト教を廃止しようとしています、ですからこの特別な犠牲によって世界統一貨幣の導入を阻止することは重要なのです。

十字軍の祈り第42番―
世界統一通貨を阻止するための断食の祈り

おお、至高なる神よ、われらが 断食の捧げものを御身に捧げ奉らん。そは、わが国を、命のパンをも含む食物に飢えさせるべく計画されつつある、世界に対する悪の支配を御身が阻止し給うがためなり。
わが捧げものを受け入れ給い、 他の国々のためのわが嘆願を聞き給い、彼らを、反キリストが企(たくら)む苦しみより護り給え。
われらをこの悪より救い給い、 愛する主よ、われらの信仰を護り給え。そは、われらが御身を愛し崇め奉るに必要なる自由のもとに、世々に御身を敬うを得んがためなり。アーメン」

わが子よ、聖金曜日の一日の断食は、邪悪なるものと、すべての国の財政を支配しようとの、その邪悪なる欲望に従っている者たちから、諸国により多くの自由 をもたらすのです。

あなたたちの最愛の母
救いの母
神の母

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM